何度でも泣きながらありがとうと叫べ

好きなモノを好きなように好きなだけ 音楽と映画とドラマ

元ロキノン厨の邦楽DDがロッキンでモーニング娘。を見た

ROCK IN JAPANのGRASS STAGEでモーニング娘。をみた!

 

たまたまご贔屓さんが数多く出る8/10(土)に、タイムテーブルも被らなかったので見れたけど、ここ数年で興味や接点がたくさん積み重なって、地味に念願の初対面でした。

大人数グループって今まで全く馴染みなかったけど、他とは違う強みがあるんですね、あとメンバー個々のスキル平均が高い、要はメチャメチャ良かったです。ハロプロ沼こんにちは!

 

そんなわけでモー娘。にハマるまでの経緯と、ライブ感想の2部構成でお送りします。前置きは全編個人的な思い出なので、ライブの話だけ読みたい人は目次からジャンプ推奨

 

 

前置き:実は少しずつ時間をかけて好きになってた

自分はアラサーなので黄金期の時は小学生くらい。当時音楽はまるで興味なかったのでたまに『うたばん』で見ていた程度、高校からいわゆるBUMPやアジカンなどロキノン系にハマり、学生中のライブスタッフイベントで少しずつJ-POP好きになって、

 

社会人になってから好みの幅が広がり地下アイドルや昔流行った人たちを聞き漁ってた。モーニング娘。をちゃんと聞いたのはその頃で、(PCのインポート履歴によると)Negicco、トマパイ、宇多田ヒカルのアルバムと合わせてベストをTSUTAYAで借りてきた。

 

聞いてビックリ、つんく♂先生による楽曲の突飛さに度肝抜かれた。

 

色んな楽曲派アイドルがどれだけ突き抜けた曲を作っても、あれだけの売上と知名度があるアイドルがこんなにぶっ飛んだ曲をTVで歌ってた歴史は、越えられない壁すぎる。

 

ただ、あくまで黄金期のシングルだけ聞いてて現体制にまで興味は持てなかった。

 

次の接点は2016年に赤い公園津野米咲さん提供の『泡沫サタデーナイト』がメチャメチャ良くてずっと聞いてた。

www.youtube.com

 

その後、2017年に松岡茉優さんがドラマ番宣でTV出るときに強過ぎるモーニング娘。愛を語っていて、そこで初めて最近のメンバーの名前を少しずつ知る。

 

この頃本格的にアイドルオタクになり、推しのフィロソフィーのダンス(グループ名)の奥津マリリさんもモーニング娘。好きで生誕祭で『泡沫サタデーナイト』をカバーしてくれた。オフの時も口ずさんでる程のお気に入り(動画後半)

 

奥津さんは今までは「モーニング娘。さんが好きだということで自分に利益があってはならない」という信念の下あまり好きを公言していなかったけど、ヒャダインのラジオで「モーニング娘。愛を語る」企画をきっかけに(グループの知名度も上がってきてるので!)少しずつ好きを公言しています。詳細は以下ブログに

ameblo.jp

 

推しについては以下だそうです。

推しの件に関しましては、全員好きなのですが佐藤優樹さん、小田さくらさん、森戸知沙希さん、横山玲奈さん、が特に気になります。
もう4人もあげると推しという概念すら怪しくなります。 

 

【完全に宣伝】赤羽橋ファンクにも通ずつポップで踊れる曲『好感度あげたい』

www.youtube.com

 

【完全に宣伝その2】「新しいダンスを踊らせてあげる」というサビがパンチラインすぎる代表曲『ダンス・ファウンダー』

www.youtube.com

 【完全に宣伝その3】タンポポ恋をしちゃいましたんぽぽた!』オマージュでベテランバンドSCOOBIE DOとのコラボ曲『ラブ・バリエーション』

www.youtube.com

ちなみに自分は譜久村 聖さん推しです、実は奥津さんグラビア目当てでヤングガンガン買った時に表紙だったという運命的な再会を果たしました。

  

(話を戻して)あとは彼女が歴の長いハロヲタなので、カラオケで布教受けたりハロプロショップへ付き添いだったりで、加速度的に接点が増えて興味関心が最高潮に達したタイミングでの初ライブなわけで!そんなわけで長すぎる前置きからのライブ本編の話

 

セットリスト

01 みかん
02 気まぐれプリンセス
03 I surrender 愛されど愛
04 恋愛レボリューション21(updated)
05 シャボン玉
06 ザ☆ピ〜ス!
07 泡沫サタデーナイト!
08 LOVEマシーン(updated)
09 One・Two・Three(updated)
10 青春Night
11 Are you Happy?
12 わがまま 気のまま 愛のジョーク
13 What is LOVE?
14 ここにいるぜぇ!

 

ライブ感想

JTBアーバスの参加だったのだけども、お盆休み初日渋滞に巻き込まれて遅れてスタート間に合わなかった笑 各地で絶賛の渋谷さんの前説も聞けてないし、なんなら最初の2曲聞き逃した。客入りは満員ではなかったけど、4万人くらいは入ってたと思う。

 

セトリに関しては、予習で見た去年のロッキンより黄金期の曲が多かった。やはりキャパ6万人を配慮してですかね。

 

個人的にはスタジアムロックの皮を被ったゴリゴリのアイドルソングなサビの『そうだ We're alive』が絶対グラスに合う曲だと思ったけどやらなかった。

www.youtube.com

 

 

やるとは思ってたけど『泡沫サタデーナイト』はようやく聞けたご本人サマ歌唱だし、『One・Two・Three』は松岡さんスペシャルゲスト出演の時だし、『What is LOVE?』は松岡さん司会の歌番組で保護者みたいな泣き方しながら見てたり、『青春Night』は最近彼女がメチャメチャ口ずさんでるし、なんか思い入れある曲だくさんだぞ? オレ実はモー娘。のこと、ずっと、、好きだった、、、かも…

www.youtube.com

 

ちなみに泡沫サビの「踊りたい!」とかでスクリーンにPVの文字エフェクト出てた。『わがまま 気のまま 愛のジョーク』も「愛されたい 愛されたい」が映されてた。

 

こういう演出もバンドは基本やらないし、そもそも楽器が一切ないロッキンのステージは個人的に初だったのでとても新鮮だった。(HIP HOP勢もDJ卓はあった)

 

MCはほとんどなく次々と曲をやっていくスタイルは、自分が好きなUNISON SQUARE GARDENや前述のフィロソフィーのダンスに通じるものがあって好感度爆上がり

 

特にフェスの場でムダに話されても、興味の熱量下がってしまうから、去年に引き続きこの方針にしたのは個人的にカナリの英断

 

ってか譜久村さんメッチャ映るな(後で知ったけどリーダーということで納得)

あと予習の時に見て「歌うまいな~自信みなぎるパフォーマンスだけど、ちょと気が強そうだな~」と気になってた人が小田さくらさんだったようで、ちょうど復帰公演で良かった!

 

なにより1バンの衝撃は大人数だからこそできる魅せ方

今までPerfumeUNISON SQUARE GARDENみたいにメンバーの人数が少なく、かつステージにメンバー以外の人がいないからこそ、技術演出や曲の繋ぎ、演奏で人数以上の迫力を見せる人たちばかり見てきたけど、人数多いとこういう見せ方ができるのか。

 

花道までいっぱいにメンバーが横一列に並ぶ姿は圧巻だった。当たり前だけど完璧な花道の使い方ね。自分の方来てくれたらどう足掻いても嬉しいに決まってる。

 

そしてシンプルに目が足りない。あっちではあの2人がじゃれてるけど、こっちでもなんか楽しそうにしている、みたいな じゃれてる人の周りで更に賑やかししている子もいて、わちゃわちゃがすごい笑

あと噂のフォーメーションダンスも生で見て絶賛されている理由が分かった。

  

気になった点としては、たまにoiコール煽るのを試みて(その後すぐ諦め)たけど、充分盛り上がってたし不要だったと思うなぁ ここはちょっと背伸びしてた感があった。

 

あと最近の曲はEDMっぽい曲調が多いから、予習なしだとロッキンの客層と相性も悪かったし、会場の大きさにちょっと曲のスケール感が足りてない瞬間もあったことは確か。

 

一方で、黄金期の曲はやはり圧倒的なアンセムかつ知名度も相まってイントロ鳴った瞬間に空気変わるしすごい湧いててた。特にアラサーは遺伝子に組み込まれてるからね。最後の『ここにいるぜぇ!』はワンマンみたいな大団円だったもん。

 

ライブを見終えて、ハロプロ沼の前に立ち

改めて思ったけど、結成して20年以上って活動歴だけ見るとBUMP OF CHICKENとかと変わらないって事だから、積み重ねてきた年月が違う。ましてや全盛期~冬の時代~アイドル戦国時代のブームも全部経ての今だから、そりゃ強くて当然ですわ。

 

人が入れ替わりながらDNAを受け継ぎ、グループの強みを残しつつ、時代に合わせてトレンドも取り入れながら「モーニング娘。」という看板を20年以上守り続けている。

 

これってやってることは仮面ライダースーパー戦隊と同じなんですよね。特撮好きの人にもキッカケさえあればハマる文脈はあるかも。そういう意味では工藤遥さんがルパパト出たのも必然だったのかしら? なんて考えたり。どちらも好きな人がいたらぜひお話聞いてみたい!

 

あと、色々調べると横山玲奈さんはUNISON好きらしく、この前の9mmとの対バンにもいっていたそうじゃないですか! いいセンスしてますねぇ(何様) 図らずもUNISONと同じ出演日で同じステージに立つなんて、持ってんな~

ameblo.jp

 

とまぁこんな感じで、まんまとやられたました。

ライブ後サブスクないのは引っかかるけど、しばらくは噂のyoutubeはじめ各種インフラの充実っぷりを見せてもらおうじゃないか!

 

ライブに関してはちょっと今年はご贔屓さんが活動的なのに加え「これは一度ライブ見てみたい!」という人がメチャメチャいて好きが渋滞しているので、ひとまずは在宅で楽しもうかと思います。

 

でも譜久村さん活動歴長いと今後数年で卒業する未来がひかえているわけだから、在籍中に1回見てみたい…

 

 

それでは