何度でも泣きながらありがとうと叫べ

好きなモノを好きなように好きなだけ 音楽と映画とドラマ

僕たちはBUMPから抗えないaurora arkツアー@メットライフドーム

BUMPさんaurora arkツアーの初日、西武球場ことメットライフドームへ行ってきました!

 

こんなにBUMPのライブに行くが楽しみな時はいつぶりだろうか。なぜ、こんなにも楽しみなのか。

それはとてもシンプルで、アルバム『aurora arc』がとても良かったから

 

もうちょっと言うと、ここ2年は新曲を一切チェックしてなかったからアルバム半分くらい初聞き同然で、いざ聞いてみると好みの曲が多かったから

先入観を持たないために、あえて初回盤のライブ映像は見ずに臨んだ位に気合の入りっぷり。

 

火曜フラゲ日、金曜ツアーという中々の鬼畜スケジュールだったけど、通勤帰宅以降はもちろん、お昼休みもずっと聞いて可処分時間全てつぎ込んで当日を迎えたよ笑

 

前置きはこの辺りにして、 ライブレポにいきます。

セトリ、演出の話が中心になるので、ツアーこれから参加される方はご注意ください。

 

 

 

 

セトリはこちら

SE aurora arc

01 Aurora 

02 虹を待つ人

03 天体観測

04 月虹 

05 プラネタリウム

06 butterfly

07 記念撮影

08 話がしたいよ

09 ダイヤモンド

10 リボン

SE aurora arc

11 望遠のマーチ

12 アリア

13 spica

14 ray

15 新世界 

16 suprernova

17 流れ星の正体 

 

アンコール 

18 宝石になった日

19 ガラスのブルース

 

※公式サイト「PHOTO」からライブ写真も見れます

www.bumpofchicken.com

 

どうです?このアルバム曲以外の定番感!

PATHFINDERがアルバム曲カップリング曲無双だった反動かね?

 

ステージはバカでかいスクリーンのみ、花道とセンターステージ(以下、でべそ)の構成は変わらずでした。今回なんとアリーナ最善から5番目の超絶いい席にて拝めた!!

 

最初はaurora arc。

円陣組む4人のカメラから始まり、オーロラ見に行った時の映像が!

秀ちゃん、ヒロ、チャマ、藤くんの順番で登場。MOTOOがギター掲げる瞬間の教祖サマ感、相変わらず半端ないっすねぇ

 

1曲目はaurora、イントロからスモークぶしゃーー!!

個人的には月虹始まりを期待していたけど、ツアータイトル考えたらこっちが妥当だよね笑  この曲は清々しい位に最近のBUMPっぽい曲調で音楽的な新しさは皆無だけど、優しさがえげつない。

 

第一声が「もうきっと多分大丈夫 どこか痛いか分かったからね」から始まるライブなんて他にあるかよ… 一曲だけで記事できるけど別の機会に

 

ラスサビで銀テープ来たけど、あまりにすんなり取れてしまうことに感動した笑

 

次は虹を待つ人!繋ぎ違和感ないね~

1サビ終わりにMOTOO「こんばんはBUMP OF CHICKENです、会いたかったぜお前ら~」が聞けてはやくも感無量(WILLLPOLIS 2014と全く同じ挨拶)

 

そのままMOTOOの歌ギター「イマというほうき星 君と二人おいかけてた」\(オーイエヘェーアハァ~ン)/

 

もはや序盤に入れて来るの定番化してきた天体観測! イントロのoioiは今日は控えめ、ちょっと最後の方音程外してた笑

 

ようやくスタジアム慣れてきて、藤原基央のイケボが会場中に反響して合法トリップ状態に、ライブ終わるまで100回くらい「いい声かよ!」ってツッコんでる。

 

チャマMC「こんばんはBUMP OF CHICKENです!  BUMPのライブ初めてって人どれくらいいる~?沢山だね~俺ら男4人でやってまーす。以後、お見知りおきを」

売れているアーティストほど、はじめましての人にやさしいの法則ですね。

 

「声出せるかぁぁ!」とコール&レスポンスからの『月虹』キターーーーー

音楽的な真新しさが皆無なauroraに対して、久しぶりにBUMPの曲で心底カッコいいと思った曲。BUMP聞いて演奏が上手いと感じたのはR.I.P以来、なんと10年ぶり笑  後半は火も出てド派手演出!

 

プラネタリウム

月虹から「オンリーロンリーグローリー」の繋ぎとか最高じゃね??とか期待していたけど、 そんなワケなかった笑

夏の野外にこの曲はずるい~~2013年のベスト盤発売記念ライブ以来に聞けた。

 

みんなワイパー(手を左右に振る)して、PIXMOB(BUMPのライブ恒例の自動制御付きの光るブレスレット)が一層映える空間になってた。

 

終わってチャマMC「メンバー紹介しまーす。  ギター、ボーカル、作詞、作曲、眼鏡、充電がいつも6%くらいしかない。スマホの 6%眼鏡、藤くん!

 

ギター、イケメン、食いしん坊、あと…いいヤツ、ヒロ!

 

(ちょっと声低めで)褐色の弾丸、升秀夫

(打って変わって陽気に)金髪のチャマで~す」

 

ここへきてアラフォーおじさん4人がアイドルみたいな自己紹介はじめやがった…

 

「aurora arcから、じゃない曲やりまーす」

からの『butterfly』 この前のアルバムのリード曲だからまだ現役だけど、そこまで好きではないんだよな~歌詞もAuroraの方が好きだから、今後はこっち推しにしてくれ笑(多分ない)

 

最後に金テープ出てきたけど、モニター演出がテープ出すぞ感がすごかった笑

 

記念撮影

この辺りから花道わたって、でべそで歌うのが増えてきた。 ステージ前方席の特権の1つなんだけど、花道センターステージがあると「後ろ姿」が見れるんですよね。アーティストがステージ背を向ける事って基本ないから(たまにUNISON田淵みたいなヤバイ奴いるけど)後ろ姿って、ドラマーだけが見えるレアショットなわけですよ。それが今回、めちゃめちゃ見れた(笑) 知ってたけど、分かってはいたけど藤原基央マジ細ぇ

 

話がしたいよ

歌詞の解釈がおいついていないけれど、純粋にメロディが良すぎた。こんなにスケール大きい曲だったのか。

 

そしていい声すぎてズルい。どんなボーカルも「自分の持ち味を1番出せる音域とメロディ」を持っていると思うけど、藤原基央にとって、このゾーンを最大限に使ってる曲。

 

恥ずかし島(セカンドステージ)に移動

でべそもある分、自分の席から見るとカナリ後ろの方に行ってしまった。

 

本日初めて米粒クラスのメンバーを見て、「そういえば今日スタジアムライブなんだよな。いい席で見れてるなぁ」と改めて実感する。

 

ちょっとMC

ヒロ「今日は初めてづくして、令和初の、この会場も初めての、アルバム出てから初の、ツアー初日の?4つの初だね」 

相変わらずポンコツ過ぎて一周回って不安になってしまうわ笑

 

イントロ前にギターアルペジオから始まったのは『ダイヤモンド』

一瞬リトルブレイバーを期待したけど違った〜〜

いうてBUMPの曲だいたい同じようなフレーズだから気分次第で何にでも聞こえる。

 

何回聞いたっていいさ、いつ聞いても勇気が沸くんだ

やっぱりおれ BUMPが好きなんだって思う曲~(歌い出しのメロディで)

 

ちょっと面白かったのが、ダイヤモンドってわかった後に歌い出しの時に藤くん「(マイク)たっけぇ!」って言って会場総ズッコケな瞬間だった。

 

4人おしゃべりタイム

チャマ「マイク下がっちゃうよ〜藤くん大丈夫?」

藤「俺は自己責任で下げたよ」

チャマ「みんなのジャンプで揺れてるんだね」

藤「オレはチャマが飛んでるからだと思ってたよ」

ヒロ「俺もそう思ってた」

チャマ「ちがうよ~みんなジャンプしてくれるからだよ」

藤「それはなきにしもあらずだな」

 

世界で1番ええ声で「なきにしもあらず」って言葉を聞いた瞬間だった。

歌ってる時でないから気抜いてたこともあって、変な声でちゃったもん 

 

チャマ「でも、俺が飛んでない時もなってたの!」

藤「じゃぁちげーな、ごめんな」

 

世界で1番ええ声で(同上) 本当になんなんマジで、キュン死にするわ!!!!!

 

まだ『なきにもあらず』だって味わっていたいのに、新しい「ええ声で言ってみた」フレーズだすなや!

 

恥ずかし島もう1曲は『リボン』

これは20周年記念の曲だから、4人が近い方がいいね!曲のスケールは若干スタジアム負けするけど…(笑) リリース前は記念撮影と区別つかなかったし、PATHFINDERの時はまっさら新曲で聞いたけど、いい曲だなぁ

 

「僕らを結ぶリボンは解けないわけじゃない 結んできたんだ」

どんな人間関係でも言えるけど、こと幼馴染から始まって人生の大半の時間を共有しているBUMPが歌うと、このフレーズの重みが違う。

 

恥ずかし島から戻ってくるとき、チャマがフェンス越しに立飲み屋で絡むみたいなノリでおじさんと話してた笑

 

戻ってきて再びのaurora arc、ギター掲げないだけでマジで初めからやり直しみたいな仕切り直し方、

 

そして後半戦1曲目は望遠のマーチ!PVの水彩画風アニメに流行りのリリックビデオの演出。フェイク大好き芸人としては「いこーうおーうーうぉ~おおうぉ~うぉ~うよ~~ 」の公式フェイクがボーナスすぎるんだよな~また歌詞がいいんだ。

 

ってかBUMPもサザンみたいにリリックビデオでなく、字幕としてスクリーンに歌詞出して欲しい。

【参考用】

youtu.be

絶対その方がもっと歌詞が入ってくる。特に今回はリリースから間もなくツアーだったし、覚えきれてなかったから

 

この曲は去年の秋リリースだったから時間は沢山あったのに聞いてなくて、

いざ聞いたらツボ過ぎたので、去年の自分と「BUMPの『望遠のマーチ』メッチャいいよ!」とゴリ押ししてくれなかった友達を恨むくらい良かった。

 

アリアはイントロで映像が教会のステンドグラスになってメチャメチャ綺麗だった。 またでべそ行ってて見れなかったけど、後半は吹き出すタイプの花火も出てたらしい。

 

spicaは大木の映像バックに。打ち込みメインの曲だけど、リズムがもっさりしていてハマらず、そんなに聞いてなかったんだよね…笑

 

そろそろラストスパートということできました定番曲『ray』!完全に『メーデー』は盛り上がり曲の枠を取られてしまったなぁ笑

 

最後の「〇×△どれかなんて~」はレーザーで映してて粋な計らいだった。

さすがに金テープはでず、今更ながら今回は紙吹雪やらないんだね!

 

盛り上がったところで『新世界』事件はこの曲で起きました。最初はPVのアニメにさらに全編歌詞が見えるようアレンジした映像だったけど、1番終わり位に悲鳴が起きて、

 

なんと藤原基央が!!ハンドマイク!!!!

 

実はPATHFINDERの時にpinkieで披露していたけど、

その時はギター抱えておっかなびっくり感が否めなかったんだよね。

 

それなのに、今回はもうナチュラルにハンドマイクを使いこなしている。特に指でピストルやってバーンってやられた時、僕の中で何かが崩れ去った。

 

「声を聞かせて」で耳に手を当てたり、「僕は晴れ 君が太陽」でヒロの肩に手を置いたり、歌詞に合わせて細かい動きができているだなんて…!!(ギターはぶら下げたままだけど)成長速度がおかしい。精神と時の部屋でハンドマイクの修行していたんじゃないの? 何があったの!?

 

アルバムで聞いている時点で「この曲はぶっ飛んでるから、リズム隊とギター隊2組に分かれて山車に乗って会場回るくらい突飛な演出じゃないと恥ずかしくて聞けねーよ!」なんて思ってたけど、斜め上過ぎた。

 

でも、あんなことされたら曲が入ってこないよ笑 これから行く人は心して臨まないとショック死のおそれアリ

 

もうテンションがおかしくなったところへ、少しずつライブの終わりが近づいていることを感じさせる『suprernova』に個人的にはカナリ久々に聞いた。やっぱBUMPの音楽的な特徴の1つとして「土臭さ」は大きい。

 

最後に歌わせるときMOTOOが言う「せーのっ」だけ切り取って音源出してほしい。

 

「最後の曲です」と添えられて歌われたのは『流れ星の正体』絶対に本編締めでやって欲しいと思っていた。

 

ラスサビのところで音源にも負けないヒリヒリした感じのままで、映像はオーロラになってた。

 

「お互いにあの頃と違っても 必ず探し出せる 僕らには関係ない事」

って歌詞が正に今の自分の状況で泣いてしまった。

 

ここ数年色んなジャンルの音楽好きになって、相対的にバンドへの熱量が減って、音楽好きになった原点で好きなアーティストの頂点にいるBUMPのライブは ですらアルバム聞く前は「昔の曲聞ければいいや」くらいにしか思ってなかったけど、

 

アルバム聞いてからは「おれってBUMPめっちゃ好きじゃん」と思うほど好きな1枚になったし、そんなライブで藤原基央がこういう言葉を歌ってくれることに感謝しかなかった。

 

そんなわけで本編終了

 

恒例?のsupernovaのラララが一部で歌い始まった時にメンバー登場しえ軽くしゃべる

 

チャマ「藤くん、リハの時は遠いなって言ってたのに、メチャメチャ行くんだもん、大丈夫?水飲みな」

ナチュラルに水飲みなって気遣いや、3万人の前でイチャイチャするのズルいわと思ってたら

 

藤「部活みてぇだ、シャトルラン」

 

本日何度目かの、世界で一番ええ声で~~~というフレーズを聞けた笑

一度でいいから俺もあんな風に「シャトルラン」って言いたい

 

グッズ宣伝コーナーになり、チャマがでべそで話し、3人は花道で見ている構図。

今回のグッズはジャケットにあるオーロラを4人で見に行った時、町で売っていたモノをイメージしているそうな。

 

この際だからランウェイみたいに花道使ってもいいのに、そんな素振りを全くを見せないへなちょこな4人組のみなさん

 

チャマ「あ、ドッチビー買ってね。スタッフさんに『オーロラ関係ないじゃん』って怒られたんだよね~で、ツイッターで宣伝したら『わたし1人なので遊べません』ってリプライきて、あーBUMPのお客さんそういう人多いんだった~(座り込む)」

 

なんて話しつつ、写真撮影もして曲へ

 

まさかの『宝石になった日』

ここでこれかーい笑 やっぱおれ前のアルバムそんな好きじゃなかったんだな~

 

最後は『ガラスのブルース』で大団円。定番だけど、初ライブの時から最後はこの曲だったので、刷り込み効果で再度感極まる。

 

恒例のギターソロ終わりの歌わせるパート、ギターソロの途中でMOTOOが花道に進むから歌どうするんだろうと思ったら両手を広げて煽っていた。その後ろ姿の神々しさたるや、本当に教祖サマだった。ただちょっとリズムだれてしまい、フロア 歌いずらそうだったけど笑

 

帰り際にタオルやらドッチビーやら飲んでた水やら色々投げてプレゼントタイム

 

最後3人捌けた後にMOTOOが1人残って話す。

「アルバムがこの間出ました。それがとても嬉しくて、最初は俺1人から始まって、4人で頭よせて『あーでもねぇこーでもねぇ』ってようやく曲になって、1番古いのは3年以上前の曲だし、最近のもあるけど、こうやってまとめてみんなに聞いてもらえるのがすげぇ嬉しい。

 

作ってる時から、あー早く聞いてもらいたいなって自分たちと、早く聞いてもらいたがっている曲たちの声がずっと聞こえてて、苦しい位にその思いが溢れていて、それをようやくみんなに届けることができた。

 

そんでその曲をライブでやって、初めてやる曲もいっぱいあって、それをみんな聞いてくれた。俺の曲が、俺たちの曲が、ようやく完成したなと本当に心から思いました。ありがとう。

 

みんなは多分あの、今俺がどういう気持ちで『ありがとう』って言っているか、全然わかってない笑 でもそれでいいんです。俺ずっと歌うから聞いてください。

 

また新しい曲もきっとできるし、今できたばっかの曲、みんなに届いたばっかの曲その曲たちと一緒に、聞かない日があったっていい10年後でも20年後でも、生活の、君の歴史の中の時々、時々に俺の曲、俺たちの曲にちょっとだけ時間あげてください。よろしくお願いします。」

 

『流れ星の正体』で泣いた後のこのMCは反則だよ、最後に今日イチ泣いてしまった。

 

「今日はありがとうね。ツアー初日なのにファイナルみたいだったよまた会おうね。帰り道、色々気を付けるんだよ、なんか、色々やって(汗を拭くジャスチャー)、脱いだり着たりとかして、風呂入って寝ろ。じゃあな。おやすみ。ばいばい、ありがとう」

 

ここまでけっこうな早口、とんでもないいい声でお送りしてました。

最近恒例になっている、教祖サマのありがたいお言葉を今宵も聞けて大変うれしかったです。

 

「曲たち」「俺の、俺たちの」「ちょっとだけ時間あげてください」っていちいち言葉の使い方が優しい。4人でBUMPだし、BUMPの音楽がど真ん中にあって、どこまでも謙虚

 

というわけで終了。

MOTOOが言うように、初日ならではの緊張感がありつつ、気が抜けているのに、終わった後に味わう爽快感と喪失感は最終日のようだった。

 帰りは駅の入場規制がすごくてカナリ待った~東京ドームってインフラ面すごいんだな

 

とにかく、声がいい。アルバムが良い。昔の曲聞きたいよ~という老害ではなく、純粋に新曲をライブで聞けて幸せという気持ちになれたのが嬉しい。至極真っ当だけど、改めてライブの楽しさを全身で感じられた。

 

あとスタジアムでほぼ最前という、とんでもないラッキー席を人生で一度でも味わえてよかった。

f:id:bumpofchokin:20190725074858j:image

終演後の写真OKタイムで撮った写真。この距離感、伝わります?最前の柵が見えるくらいの近さ

 

ちなみに福岡まで終わって、セトリ可変枠は6曲でした。

月虹/シリウス

 →アルバムのアップテンポ枠だしね。って割り切れるかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(好みの問題)

プラネタリウム/車輪の唄

 →わかる。準レギュラーね

ダイヤモンド/真っ赤な空を見ただろうか/オンリーロンリーグローリー

 →ダイヤモンドも大好きだ!けど!もうちょいレア度統一してやぁぁぁぁl

アリア / GO

 →個人的にはGOの方が好き

宝石になった日/ランプ/リトルブレイバー

 →レア度違いすぎるだろぉぉぉぉぉぉ何してくれとんじゃ!!!あれか?今後は『とっておきの唄』とかも聞けるのか?

ガラスのブルース/メーデー/カルマ

 →まぁ分かる。定番曲だし

 

どう考えてもアンコール1曲目は納得できねぇ!  東京ドームでおかわり行きたいけど、月虹が好きすぎて万が一聞けなかった時のガッカリさに耐えられる自信がない…

 

あと1つだけ欲を言えば『ジャングルジム』聞きたかったな、追加はもう少し様子見て決めようと思います。

 

ようやくまとめだけど、自分にとって音楽好きになった原点かつ、好きなアーティストの頂点はBUMP OF CHICKENという教義を教祖サマ自ら教えを説いてくださって、信者として襟を正すいい機会になった。

 

単純に『Butterflies』がそこまで好きになれなかっただけだったかもしれないけど笑 とにかく今はロッキンが楽しみ!月虹はマストでお願いします!

 

 

それでは