何度でも泣きながらありがとうと叫べ

好きなモノを好きなように好きなだけ 音楽と映画とドラマ

20年後もどうせ君が好き 奥津マリリ生誕祭2019@O-WEST

「生誕祭」それは年に一度行われる、推しと同じ時代に生まれたことを感謝する日。

フィロソフィーのダンスのリーダーで弊推し、奥津マリリさんの生誕祭に行ってきました!

f:id:bumpofchokin:20190717205933j:image

 

ドルオタになって3回目の奥津さん生誕。

結論から言うと「来年以降は相当練らないと今年超えられないのでは?」と心配になるくらいのクオリティだった。

 

ライブ直後、自分のツイート

 

曲を沢山やってくれるのが至高というのは大前提で、ライブを通じて「奥津マリリ」という女性のストーリーをこれ以上ないくらい丁寧に物語ってくれた。

 

個人的にはShiggyさんの解散やトイストーリー4と、現実を受け止められない事案がある中で、今年の生誕祭は「この先も安心して好きでいられる。奥津さんは大丈夫だ」と心の底から思えたんだよなぁ

 

そんな最高の夜の備忘としてのライブレポです。

 

 

 

開演前 

まず入ってビックリ、開場SEが藍坊主!!『伝言』と『ハローグッバイ』というチョイス。奥津さんの地元、小田原のスターの代表曲を選ぶということは、今日は「自分のルーツ」がテーマになるのか?と期待値が上がる。

 

その後、GO!GO!7188『こいのうた』来て確信になった

チャットモンチー ワンチャンある?!! 

ってかよく見るとステージギターと別でベースみたいなのもあるし

パーカッションないから見えないだけでドラムあるのでは?

となるとバンド編成? 俄然チャットあり得る?? 

 

そのまま、charaの『タイムマシーン』、『ミルク』と来て最後の方にRADWIMPSの『トレモロ』まで!!!

RADはハルちゃんのイメージだけど、奥津さんも好きだったのか~選曲がまたありがとうすぎる!!!

 

と、この時点でワーキャー騒ぎまくり

暗転してバンドワゴンのメンバー3人が登場。

前々から既視感あると思ったら、

草食っぽいメンズがシャツに蝶ネクタイして演奏している姿がまんま髭男だわ笑

 

遅れて奥津さん登場。今回は肩出てるドレス!髪型は軽く巻いてるだけ、珍しくヒールが高い。

 

ライブ本編(奥津さんソロ)

1曲目は『バイバイよりも』

いきなりソロ曲きた!バンドセットで聞ける日がくるとは…

こうして聞くとドラムの主張が激しいな

 

毎年歌の艶やかさが増していて、今日の大人なドレスの雰囲気と、髪型も相まって20年後とかもディナーショーで歌っている姿が容易に想像できる。

※本記事のタイトルはUNISON SQUARE GARDENのシングル『10% roll,10% romance』の帯に書いてある「4年後もどうせ君が好き」から、この気持ちを基にアレンジ

 

石田ゆり子みたいに年齢感じさせないで、綺麗に年取っていくんだろうなぁ

ウイスキーがお好きでしょ』とかもジャジーなアレンジでカバーしたのとか絶対似合う。

まずは、フィロのスとしてビルボードライブ東京でライブやってくれ〜

 

奥津さんMC

※以下、記憶の限り書いていきますが、ニュアンスや順番に自信ないので雰囲気を楽しんでください。

 

奥津マリリ生誕祭お越しいただき、ありがとうございます。年に一度の、愛をたくさんもらう日だよ~~」(会場中から『カワイイー!』)

 

「去年はソロ時代のオクツマリリにさかのぼったけど、今年はさらにさかのぼってバンド時代までさかのぼることにしました。今年はビンゴとか企画コーナーない代わりに、たくさん曲やるね〜」

 

O-WESTはすごく思い入れがあるハコで、バンド時代に出たオーディションライブの会場だったの。その時MCで『自分たちの力だけでは無理だったけど、オーデションという形で立ててよかった』なんてMCしてたけど、そこに今日、生誕祭で立てて嬉しい!」

 

詳細が発表された時、正直「去年と同じ会場って自分の愛されてる度数分かってんの?絶対キャパオーバーじゃん!」と半ギレだったけど、すべて合点がいった。

 

「バンド・ソロの時代に叶えられなかった夢をアイドルになった今、自分の生誕祭で叶える」という粋すぎる計らい。

 

いつかブログで言ってたなと思い、過去記事引っ張り出してきた。

フィロのスで初めて?O-WESTでライブするライブ前日と当日に触れてたってことは相当思い入れがあったのだろう。

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

「正しいことをしたければ偉くなれ」じゃないけど、「やりたい事やるには売れろ」を自身で体現してた。

 

MC最後の曲フリが『2人のストーリー』ときて

「ここでShiggy Jr.? 宮野弦士が茂幸くんパート・ラップやるの??」

と思ったけど違う曲で、後で調べたらYUKIちゃんでした笑 YUKIもルーツなの知らなかった。

 

 奥津さんMC

「次はなんと、私が昔、血迷ってローン組んで買った30万のギターを弾きま~す。買って次の年くらいにバンド解散したけど笑。ローンも返し終わり、このタイミングで弾きます。」

 

そんな思い出のギターが自分の担当カラーと同じ青色のギターなんて、運命感じるなぁ笑

 

「私が歌うことを決めた出来事があって、バンドでカバーを歌った時に返し(モニター)で聞こえる自分の声がメチャメチャ気持ちよくて、その時に歌手になろうって決めたの」

 

この時点で次の曲が分かって、嬉しさのあまり悶えてた。よりによって一番聞きたいとずっと願っていたチャットモンチーの『恋愛スピリッツ』

 

昔のブログでもこの話を書いてます。(髪が長いのはもちろん、量も多い?この衣装もセクシーだったなぁ)

ameblo.jp 

 

ピンスポットに照らされて奥津さんアカペラ、歌い出しが完璧すぎた。

歌ってる本人が気持ちいのは言うまでもなく、会場の人もビックリだろ。

そりゃオーディションも勝ち上がるわ

 

奥津さんソロ時代は「オクツマリリ」名義で活動していて、先にアイドルとして知ったから曲聞いて「根はこんな事考えてるのか」と驚きまして、要は曲が暗いんですよね。

そんなオクツマリリのルーツがチャットモンチーと知り「聞いててヒリヒリする感じはえっちゃんリスペクト故なのか」とすごく納得した。

 

そのヒリヒリさが本家の曲と今の奥津さんの表現力とバンドワゴンの演奏により研ぎ澄まされて圧巻だった。間奏で奥津さんが後ろ向いてギター弾いてる姿は完全にロックスターだった。 

 

参考までに本家のPV

18歳でこの曲書いたってやはり橋本絵莉子さん天才

www.youtube.com

 

曲が終わり、間髪入れずにギターリフが鳴る。いよいよ構成もバンドのライブっぽくなってきた!

知らない曲だけど、誰のカバーなんだろ?と思ってたら曲明けMCでバンド時代の曲で、『オーガスト』というタイトルらしい。

※バンドについては末尾にて触れます

 

サビの「道に迷ってしまえばいい」って歌詞がが10代っぽくて良き。しかも2010年にサビで悶々として言葉を使ったフレーズ繰り返し、フツーに当時でこれはセンス良いと思う。

 

曲終わり、BUMPのライブのノリで「良い声だなぁぁぁぁぁ」

って叫んだのが思ったより響いてしまい、若干触れられたけどキチン発動してしまい何も言えませんでした。 

 

奥津さんMC

「みんなの予想を裏切って今年はバンドにしたよ。でもギター弾くのイヤなんだよね~難しいし、弾いてるとアゴ出ちゃうし笑

チューニングも頻繁にやるの面倒だし、リハの時にチューニングしたらね。(バンドワゴンの)みんなが普段そんな強く言わないのに『した方がいいよ!』って半ギレしてきて」

 

「ここからはバンド時代の曲を。前のバンド解散した後も『バンドやりたい』って言って、兵を従えてやってたんですよ。その時の曲やります。 」

 

ソロアルバムから『アイワナ

ちょうど朝聞いてたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

これはオクツマリリのアルバムでも1番好き!でジャズっぽいアレンジ、メロディも伸びやかでちょっと気だるそうに歌う母音がすごく気持ちよい。

 

ソロは基本弾き語りだから、聞けないな…と思ってたからスゲー叫んでしまった(何度目)

 

サウンド、この歌メロ、ボーカルの声、生で聴くと良さが際立つ。

 

奥津さん「生誕恒例になってきました、みんな声だしてね、魔法をかけてあげるよ」

 

来ました、みんな大好き『魔法をかけてあげるよ』

生誕委員の企画で、この曲でサイリウム発動!

Bメロの、aikoでも中々見ないメロディの落差に毎回笑ってしまう。

ラブアンドピースのトコで指ポーズ決めてたの、3年目の新発見だ!

 

奥津さんMC

「歌い続けるのはみんなが思ってるより大変で、周りがみんな結婚して、みんなは言い過ぎたかな笑? 嘘は良くないね。

バンド解散しちゃってシンガーソングライターになって、加茂さんに誘われて、何も知らずに飛び込んだアイドルの世界。形は変わっても歌い続けられられてます。」

 

一回歌おうとして

「やっぱりもうちょっと喋っていい?

企画コーナーないから単純計算20分喋れるから笑」

 

「この前ね結婚式にいったの。この前って言っても半年くらい前になんだけど笑

 

私の親友の結婚式に行って、そうすると親友の友達、その友達とか直接仲良しではないけど、同じ時期を共にした人がこう、ネズミ講みたいに集まるじゃない笑?

そこでビックリしたのがね。みんなが自然と曲とか聞いてくれてて、

連絡もしてないしツイッターのリプもしないのに『あの配信された曲良かったよ、あの曲見たよ』って言ってくれて、

『バンドだったのに、アイドルなんかなりやがって!』とか言われないし、

結婚式で地元のみんな

ちゃんと私にあこがれてたよ?

だから安心してね、お母さん!!

 

みんな大人になっていく中、1人だけワガママしてるように感じていたけど、

ようやくこの曲を歌えます。聞いてください。サラバ青春」

 

サラバ青春

サラバ青春

 

曲フリで膝から崩れ落ちた。

なんなら開場SEのcharaの曲、この曲かと勘違いしたもん笑

 

高校卒業の時に聞いてたんだよなぁ。同じ時代を生きて来たんだな〜〜

 

原曲は音もボーカルもちょっとチープだけど幼さが相まって良いんですよ。

けどこれは、バンドワゴンの音もしっかりしてたし、今の奥津さんが歌うから歌の重みも全然違くて、ようやく青春に別れを告げるための歌として力強く鳴っていた。

 

最後の方、前髪かかってて今まで1番イケメンだったし、上を見上げる目もいつもとは違ってギラついてて、あの曲演ってる間は正真正銘バンドマンだった。

 

結果的にチャットモンチー2曲も聞けるという大満足では済まされない位に夢が叶ってしまった。

一旦みんなはけて、第2部のフィロのスへ続く

 

ライブ本編(フィロのス)

さぁ後半戦!と言いつつ、もうお腹いっぱい過ぎてボーナスステージなフィロのスライブ

 

昔のSEと最新の衣装で登場

一曲目は『はじめまして未来』

 

こんなんずるいって、ソロで『サラバ青春』からのグループで『はじめまして未来』ってリリシストすぎるだろ。

「さよならの数だけ出会いはあったけどね

今日何が終わり 何が始まるの」

って今の奥津さんが笑顔キラキラさせながら歌うの見て何度目か分からない泣き出し発動

 

からの『シャル・ウィ・スタート』とかどんだけ泣かせる気だよ

フィロのスと出会って未来が始まって、メンバーと「名前のない一歩を歩こう」ってか?

いい加減にしろよ。もう涙残ってないよ。

 

そのままプラトニックパーティ

 

このエモ散らかす流れでこれ?なんでだ?

けど、イントロ鳴った時に周りから「っんぉ!?」って声出てた笑

本当にレア曲が披露されると、「うおおおおお」でも「あ゛あ゛あ゛あ゛」でもなく、小さい悲鳴が出てしまうの法則

 

個人的にもメッチャ久々に聞いたけど、Perfumeの『ねぇ』と間奏あたりで繋げられそうだな

 

 

自己紹介からのMC

ハルちゃん「イヤーアンコール言われた時はどうしようかと思ったよ〜」

 

奥津さん「みなさんきづきました?
自分のルーツの曲、バンド時代の曲やって、最後にサラバ青春で終わる。
で、その次にはじめまして未来!」
(フロアから『おおおー』)

 

からのシャル・ウィ・スタートで、フィロのスのお披露目曲であるプラトニックパーティですよ!」


プラトニックパーティは読み解けなかったけどそういうことか〜〜

 

ハルちゃん「あーそういうこと?フツーの顔してやっちゃったわ」
おとはす「早く言ってよ~~もう終わっちゃったじゃん。」
そこはメンバー間で共通認識なかったんかい笑

 

奥津さん「ねぇいい話しよ〜〜

この4年くらい、私たちのスケジュールを大半を占めるのがフィロソフィーのダンスじゃないですか?マリちゃんのいいとこ話して」

ハルちゃん「乳がでかい」

奥津さん「ええー別にそんな大層なもんじゃないよーダンスの一部じゃない?やましいもんじゃないよ」

ハルちゃん「やましい目で見てら人しかいないよ(フロア指差して)」

 

日向ハル、あなたと言う人は笑

歯に絹もへったくれもねぇな!

 

おとはす「ウチら話しすぎてもあれだし、マリリがいい話しなよ〜 」

 

おとはす司会としては優秀だけど、奥津さんはメンバーからの愛を欲しがっていると思うよ…笑

 

奥津さん「変わったところある?」

みんな「露出するようになった! 前はダボダボだったけど、今は谷間見えるの多い」

奥津さん「いやーこんなのただの線だよ〜」

あんぬちゃん「ただの線だと??怒

あるだけいいじゃねーかよ!!」

おとはす「ナメんなよー!!喧嘩売ってんのか!?」

 

聞いたことないトーンであんぬちゃんがキレてた笑

被せておとはすも初めて聞くフレーズだった。

一方、余裕の笑みを見せる日向ハル

 

奥津さん「他はー?」

ハルちゃん「包容力がある!」

奥津「あーそうね、ありがとう」

ハルちゃん「あれ?違ったー?」

奥津さん「んーん、けど次の曲に繋げたいじゃん」

ハルちゃん「わかった!最強の4人!!」

奥津さん「こらー!!」

 

ここまでどの曲も完璧な曲フリと流れだったのに、自由人日向ハルさんにより強制終了された笑

 

まぁこの流れだと『ベスト・フォー』しかないよね

 

奥津さん「最後にこれ歌ったら、完璧だから」

おとはす「やめちゃうの?なんか不安になっちゃう」

奥津さん「絶対やめない!加茂さん脅してでも続ける」

ハルちゃん「加茂さんの引退の方が先かもね~  人生の引退」

おとはす「なんてこと言うの~~~」

ハルちゃん「いやホラ、加茂さん前に「僕は生涯現役でいたいから」とか言ってたじゃん~」

 

なんてアホ話の合間に、奥津さんの覚悟も垣間見えつつ最後の曲

 

奥津さん「このメンバーが最高の4人です!ベストフォー!!」

 

去年の生誕でも最後に歌ってくれて泣いた、てかだいたい泣いてるけど、今日のベストフォーはそれまでの言動から頼もしさしか感じなくて終始笑顔で見れた。

 

 

本編終わって、アンコール

 

生誕委員はじめオタク一同からのケーキとプレゼント

オタク皆さんのチェキでカルタだそうな。

 

奥津さん「オタクカルタで遊戯王みたいにできそう〜〜最強のオタクデッキ!」

 

おとはす「ガチ恋!!」(攻撃表示って感じ)

奥津さん「楽曲派!!」(こっちは守備表示かな)

おとはす「クソリプ!」(トラップカードっぽい)

おとはす「他界したオタクを召喚! 起死回生!」(それは死者蘇生や!!)

 

おとはす、自分のフィールドになるとすぐに話したがるオタクすぎた笑

 

(写真を見ながら)ハルちゃん「この子、髭男の武道館でトイレで話しかけてくれた人?その日下剤飲んでて、出した後に『ハルちゃんですか?』って聞かれて

『…はい泣』って答えたんだよね笑」

 

奥津さん「人のお誕生会になんて話するのー!!!いいもんハルちゃんの時にいきなり乳だしてやる」

 

ハルちゃん「いいよーSEの後ろで踊ってて、逆にみんな来ちゃうよ」

 

日向ハル相変わらずの流れぶっ壊しマン笑奥津さん全身タイツとか泥棒スーツでのダンスはちょっと見たい…

 

大団円は『ラブ・バリエーション』

好きになったのがどんな時期でも、自分のどんなトコを好きになっても構わんよってメッセージですかね?

 

「私ーのことを好きな人が〜」

のところは普段しないけど、ここぞとばかりに挙手した!

 

コールアンドレスポンスは「マ リちゃん~が だいすっき~」に変更

どこまでも愛を欲しがる女だなーー「マ リちゃん~が だいすっき~(大声)」

 

最後はバンドワゴンメンバー呼んで集合写真!

奥津さん、愛が溢れすぎてラブワゴンって言っちゃってた笑 

 

おとはす「(メンバー4人でバンドワゴン3人だから)これ、誰か余っちゃうよ!」

ハルちゃん「大丈夫、加茂さんいるから」

奥津さん「わたし、帰国します!」

あんぬちゃん「リタイアします!」

 

などとあいのりネタでもうひと盛り上がりしつつ、

ギャルみがないとできないハートポーズで撮影。

おじさんには難しいって言ってたけど、近くの人、マジでできてなかった笑

 

特典会は約250人とのこと。 整理番号だから数字でわかって驚愕

そんな大人数を相手にしてくださるのか…

 

自分は後半だったから心なしかテンションひくかったけど、これはこれでぞんざいに扱われてる感じがしてアリだわ

 

というわかけで最高の1夜で終了。

 

個人的総括

蓋を開ければアイドルの生誕祭に来たのに、バンドを見てる時間の方が長かった。

この前のBUMPツアーと逆転現象が起きている。

 

あと去年の記憶が曖昧だけど、フィロちゃん達メッチャ上の人意識してなかった?
ステラボールやったからか、遠い人への配慮が行き届いている気がする。いつでもホール、アリーナでも対応できますね!

 

そして何より、チャットモンチーはライブ1回しか行けなくて、恋愛スピリッツもサラバ青春も思い出ある曲だけど生では聞かなくて、それを物凄いクオリティで推しが歌ってくれた事でもう、感無量です。

 

前にリクエスト公募したツイートに、みんなモー娘。の中、普段はしないご本人へのリプやった甲斐があった~これは言っていいでしょう「完全に私信!!!!」

 

 

こんなに幸せなことありますか。

リアルにクネクネしながら悶えてた。

奥津さん普段曲フリあんまりないから余計に悶絶だった。

 

Shiggy池田ちゃんがカバーした時も、えっちゃんチラついたけど、よりえっちゃんだったかも

開場SEといいカバーの選曲といい、同じ時代、ゼロ年代を生きてきたんだなぁ。こうして紆余曲折してアイドルとオタクとして出会えた事に感謝だよ。

 高校の同級生だったら絶対好きになるけど話しかけられない毎日を過ごし、仲良くなれず卒業して後悔の念にかられる一生を過ごすとこだった。

 

ギター弾いている姿もyoutubeだけで、しかも全力ダッシュ後にアコギ弾く企画でしか見たことなかった気が…笑

#マリチューブと題してyoutuberみたいなことを一時やっていたけど、最近は本業忙しいのかご無沙汰

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

過去は振り返りはひと段落したから

次はアイドルになってからの奥津マリリがテーマになりそう。

 

モー娘。は「いつか衣装も丸パクリでメンバーにも着せて完全再現する」とのことですが、今までの丁寧な半生なぞりっぷりだとファンク好きになるきっかけの曲とかやるかな?

下手したら仲良しの やなミューなでしこさんとかゲストで呼ぶかも!?

 

モー娘。は再来年くらいと予想。

いつかディナーショーで生誕やるまで、一瞬も飽きず、好きを譲る気はないので(UNISONオマージュ)末永い活動を何卒、お願いします。

 

 

それでは

 

 

おまけ~奥津さんバンド時代~

MCでも言っていたように、奥津さんバンド時代にオーディションライブ出たそうです。実は、そのオーディションて決勝進出(最終選考)まで残っていたんですよ!!

wikiにオーディションの事も書いてあったから少し書いてもいい、よね?(小声)

youtubeに公式なかったので音源紹介は割愛します

 

  

奥津さんが参加したオーディションライブは「閃光ライオット」という、出場者が10代限定のオーディションです。SCHOOL OF LOCK!というラジオ番組主催で出身バンドはGalileo Galilei、ねごと、、ズットズレテルズ(OKAMOTO'Sの前身)など、バンド好き界隈では有名でした。(今は未確認フェスティバルに改名)

 

そんな閃光ライオット2010で、決勝まで進んだのが奥津さんのいたバンド「The clap」だったそうな。

 

当時のライブレポがコチラ

www.tfm.co.jp

 

www.tfm.co.jp

 

ベボベのこいちゃん、バクホンの栄純さんから「歌詞が良い」とコメントされてる。

ドラムの子が詩を書いて、奥津さんが曲を作るという、チャットモンチーと同じスタイルだったらしい。あと若かりし奥津さん、茶髪であどけなくてかわいい…

 

周りの音楽好きな友達にフィロのス布教する時「俺の推しメン、閃光ライオット決勝まで行ってっから(ドヤ)」と言うと食いつき良いので、アラサーロキノン厨を釣る時は積極的に使ってください!

 

最後のオマケまで読んでいただいた方、お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

 ウチはフィロのス激推しなので、昔のライブレポも良ければぜひに

bumpofchokin.hatenablog.com

UNISON結成15周年記念ライブ「プログラム15th」セトリ全曲予想

当日まで約2週間になりました、UNISON SQUARE GARDEN結成15周年記念ライブ、プログラム15th!!

通常営業を活動スタンスに掲げるUNISONさん、結成10周年の武道館ライブの時は謙遜気味だったけど今回は派手に祝うとのこと。

 

田淵はいつも「ロックバンドを見る環境は2000~3000人くらいの会場がベスト」発言だったり「『大きい会場で1発やるから来てね』ではなく、時間をかけて『君の住む街』でライブをする」を重要視しているコトを踏まえると、大阪で単発の大規模な野外ワンマンを行う事は、いかに浮かれているかが分かるかと!

 

そんなわけで、当ブログでは3回目となるセトリ予想企画、

いつも以上に予測不能なアニバーサリーライブ編になります。

今までのは以下を参照(MODE MOOD MODEツアー、Bee Side Sea Side 0でやってます)

bumpofchokin.hatenablog.com

 

セトリ予想にあたり、考慮したポイントはコチラ

 コンセプトはズバリ、ベストヒットUSG

 カップリングは秋のツアーがあるため除外

 武道館の時にやった曲は優先度低め

 

ではさっそく、セトリ予想どーん

 

センチメンタルピリオド

マスターボリューム

cody beats

kid, I like quartet

 

MC 

to the CIDER ROAD

ライドオンタイム

カウンターアイデンティティ

さよなら第九惑星

オトノバ中間試験

君の瞳に恋してない

 

流星のスコール

お人好しカメレオン

春が来てぼくら

 

MC

オーケストラを観にいこう

Cath up, latency

箱庭ロック・ショー

場違いハミングバード

 

ドラムソロ~セッション

シャンデリア・ワルツ

桜のあと

10% roll, 10% romance

シュガーソングとビターステップ

オリオンをなぞる

リニアブルーを聴きながら

フルカラープログラム

 

アンコール

水と雨について

mix juiceのいうとおり

プログラムcontinued(15th style)

 

こんな感じ! 

もし1曲目、本編締め、アンコール最後全部当てたらすごくない? 誰がやっても当たらないと思うけど(笑)

 

以下では個人的こだわり、楽しいポイントの解説です。

まず第一に、センチピはイントロセッション込みで、フルカラーは独唱バージョンでお願いしまぁぁぁぁぁぁっす!!!

 

どこかのインタビューで「15周年ライブではシングルなぞってく位ベタなのが逆に新鮮」みたいな事を田淵が言ってたので、オープニングと最終ブロックはシングル中心に、cody beatsはマジでお願いします。

 

浮かれてるから序盤でMCも入れて、第2ブロックでは武道館でやらなかった大事な曲、楽しげな曲を時期に偏りなく。

 

色々論理立てようとしてるけど、なんでもいいから、いい加減ライドオンタイムが聞きかせやがれください。(ライブで1番好きな曲で、準レギュラー位よくやってる曲なのに5年以上聞けてない)

 

バラード中盤に集中させてます。『お人好しカメレオン』は今回を逃したら結成20周年記念ライブまで聞けないので、どうか初披露をば…

 

『君の瞳に恋してない』『オーケストラを観にいこう』はスタッフさん推し曲らしいので、浮かれテンションでリクエスト受け入れると予想

 

自分は関東民なので「遠征先の野外ライブで『流星のスコール』 聞けたらエモ散らかしすぎてどうにかなってしまいそう」という願いを込めてチョイス。

「想い続けて思い続けてさ ここまで来たんだよ」すぎるんだよなぁ

 

バラード終わりに3人がしゃべるMCを挟んで、クライマックスへ。

この代表曲連発は字面だけでも圧巻ですなぁ

 

本当は歴代シングル全部入れたかったけど、他にも聞きたい曲、UNISONの中で大事な曲があるので泣く泣く一部の曲は除きました。

 

インディーズ期の曲はミニアルバム再発に合わせて1曲ずつチョイス。

第九は違和感がなく、サラッと流される感じで、カウンターとの繋ぎもあって古参、老害、大暴れ枠ですね(端役、伏兵、大暴れのイントネーションで)

 

アンコールはやっぱり田淵に話してもらいたいな~

久しぶりに「もうちょっと遊びましょう」聞きたすぎるマン

 

MCからの水雨はフルカラーで大号泣した余韻に浸る雰囲気をぶち壊すサプライズ枠で、mix juiceとシャンデリアは大事な曲なので、それ相応のポジションに。

 

最後はプログラムcontinued(15th style)で大団円

ラスサビ前の「君に言ってるんだ」で金テープがプシャ―ッ!! 

 

 

という感じです。

楽し泣き、拝見(読み:おがみ 演者が尊すぎて両手を合わせながらステージを見る)必須の人生ベストライブTOP10入り間違いなしですな!

カナリいい流れが組めたと思うけど、どうでしょう? 

 

セトリ全曲予想は考えるだけでハチャメチャに楽しいんで、ぜひ時間のある人にやっていただきたい。

自分にとって大事な曲・絶対に聞きたい曲も分かるし、曲順の流れも色々シミュレーションできる。万が一、自分が思い描いていた通りの展開になった時の高揚感はプライスレスですぜ。

 

まぁ、色々個人がこねくり回しても、予想をはるかに上回るフルスロットルを毎回ライブで見せてくれる田淵智也 a.k.a セットリストおじさんの凄さを痛感するのが一番楽しいんだけどね(ドM)

 

今後のUNISON企画は「あったらいいなこんなトリビュート盤」、「結成15周年記念ライブレポ」、「秋のカップリング曲ツアーセトリ全曲予想」と目白押しなので乞うご期待!(なるべくタイムラグなくアップしたい…)

 

 

それでは

失恋ソングには思えない歌詞の軽さ 髭男「Pretender」をもう一度聞きたくなる魔法

リリースからずいぶん経ちましたが、Official髭男dismの『Pretender』ハチャメチャに良い曲です。

映画コンフィデンスマンJPの主題歌でもあるこの曲、元々楽曲に定評のあったヒゲダンですが、ここへきてホームラン級の名曲打ち出してきた。

しかもバラードでこの好評っぷりはここ数年でも中々レアだと思う。

www.youtube.com

 

何がいいって、失恋ソングなのに何回も聞いてしまう。

こういうバラードは名曲感というか、当たり前のように物語は悲しいし

アレンジも壮大になりがちで、聞くのにも体力がいる。

サラッと聞けない分、何気ない瞬間に聞く曲としては選ばなかったり、

たくさんリピートするのって少ないと思うんですよ。

 

けど、『Pretender』は違う。何回聞いても重たさを感じない。普段聞きできるバラードなんです。

 

その理由を解明すべく雑誌のインタビューや個人の感想ブログを読み漁った結果、どうやら秘密の一つにはアレンジにあるらしい。

イントロのギターリフ(個人的にはワンオクのC.h.a.o.s.m.y.t.h.ソックリ)がアウトロでピアノになってたり、低音域が今のトレンドに合致してるとか、Bメロで生演奏になっててアクセントになってたり、サビのリズムが機械的で主人公の気持ちと反対に淡々と進んでしまう展開だったり色々ポイントがあるようだ。

 

けれど歌詞を見るうちに、アレンジ以上に要因があると考えて、自分の中では曲の随所に盛り込まれた、聞き心地を軽くさせる歌詞にアリという結論に至りました。

 

具体的には「ハッピーで楽しいアップテンポな曲のような歌詞の書き方」なんですよ。 

そう感じさせるポイントはいくつかあるけど、

 

明るい曲調悲しい歌詞を乗せるだけでなく、

悲しい曲調明るい曲調の歌詞を乗せている。

 

明るい曲のような歌詞の書き方を感じたポイントは以下

 押韻

 フレーズ繰り返し

 サビ前フレーズ

 語尾にある「のさ」

 歌詞を見た時の再発見

 

まずは押韻

こちらは分かりやすいですね。HIP HOPではおなじみ

この曲では、ほぼ全編で踏んでます。

Aメロのoi 

1番は「ラブストーリー」「予想通り」「アイムソーリー」「いつも通り」

2番は「偉そうに」 「論理」

 

Bメロ1番2番共通のie

「設定で」 「関係で」 「世界線」※「ん」は母音ないため無視

1番ではiaue

「性格で」「価値観で」 

「ん」は母音ないため無視

 

サビはai

1番は「僕じゃない」「否めない」

「離れがたい」

「君は何」「分からない」

「分かりたくもない」

 

 2番は

エンドライン」「引き伸ばすたびに」

※aiiはi2つで1つとする

「疼き出す未来」「君はいない」「Cry…」

 

ご覧通り、メチャメチャ踏んでる。韻の数だけなら新進気鋭のラッパーですよ。

他の曲で数えたことないけど、バラードでこれは異常値ではないかと

 

2つ目はフレーズ繰り返し

中田ヤスタカが、Perfumeやきゃりーの曲でよくやってる、サビで同じフレーズを繰り返す手法(ここ数年の邦ロックにより若干食傷気味だけど) 

www.youtube.com

 

単純に、何度も聞けば耳が覚えますよね。

基本的にサビでやってるしインパクト重視なんだけど、この曲は違います。

この曲はBメロのフレーズ「もっと違う」を多用している。しかもきちんと文章になっていて、主人公のやるせない気持ちが積もっていく展開になっているんですね。

  

次にサビ前フレーズ

サビに入る前に1フレーズ入れることで「ここからサビですよ」という予告になりキャッチーさがグンと上がる。

モーニング娘。の『泡沫サタデーナイト』に出てくる「サタデナイッ!」と使い方は同じ。

www.youtube.com

 

この曲では「グッバイ」ですね。 

Bメロで散々ゴネた後、主人公が別れを決意した時に出てくる言葉として使われる。

本当に良くできているのが、サビの歌詞はaiで踏んでいるので、この「グッバイ」が撒き餌ならぬ、撒き韻になってるんです!!

 

 そして、語尾にある「のさ」

 個人的にはこれバラードで使うのは発明だと思っていて、

なんでかと言うと「のさ」で終わるフレーズなんて日常ではまず使わないんですよ。

歌詞で使う場合、「君を想う気持ちは誰にも止められないのさ」みたいなキザなセリフとして出てくる。

 

tofubeatsの『ディスコの神様』が良い例だけど、Bメロの

ドアを開けてそのまた次のドアを

開いてみたいのさ 

www.youtube.com

 あいみょん先生※の『GOOD NIGHT BABY』のサビの

後ろ姿の君を見るだけでもいいのさ

www.youtube.com

 

※当ブログではリスペクトを込めて「あいみょん先生」と表記します。

bumpofchokin.hatenablog.com

  

この曲の「のさ」はそんな浮かれた気持ちとは正反対。

決心したとはいえまだ揺れている主人公の何とも言えない、カッコつけているけど心の奥じゃメチャメチャ悲しい気持ちを見事に表現している。

メロディとしても、最後に「のさ」が入ることで切なさが増している。

 

かつ、散々韻を踏んでいた最後に「のさ」が入ることで少しだけ韻が崩れてるんですよね。

繰り返すことで印象付けた後に、ちょっとだけ外したときに感じる違和感をフックに使うのは最近の曲だとSuperflyの『覚醒』と同じ手口なんですよ…

同じように楽曲の大絶賛記事を書いているのでよければコチラも

bumpofchokin.hatenablog.com

 

最後の「歌詞を見たときの再発見」

あんまり意識して聞いてなかったけど、歌詞見てビックリする時ってありませんか?

友達が有名アーティストのヒット曲をカラオケで歌ってるのを聞いて、実はこんなこと歌ってるんだ~みたいな感覚

 

僕が大好きなバンド、UNISON SQUARE GARDENの作詞の田淵の昔のツイッターにあったツイート(アカウント削除されたのでbotから拝借)を引用すると

僕の言語感覚がよくわかるエピソードを一つ。となりのトトロの主題歌の2番のサビの「月夜の晩に」というフレーズ。1番の同部分が「もーりーのー、なーかにー」なのを受けて「つきよ、のばんに」と認識していて「のばん、って何だろうなあ。」と思いながらその響きがとても気に入っていた。

 

 

こういう発見ってメロディが速かったり、文節とメロディの区切りが一致しない曲で発生します。

バラードは歌詞を聞かせることが重要だから、聞き手が勘違いしてしまうなんてことがあったら曲の世界観が崩れてしまう。

そもそもメロディゆっくりだから、この「歌詞見たときに再発見」というのは起きづらいハズなんです。

 

だけど、この曲はあったんだよなぁ~~~

これは本当に歌詞見たときに衝撃だった。

1サビの太字部分

君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れがたいのさ

その髪に触れただけで痛いな いやでも

甘いな いやいや

 

フェイクかと思ってたら、この未練がましさがにじみ出てているフレーズ。

しかも2番はCry…になってるじゃん。1番も同じだと思うもん。こんなのズルいよ。。。

結局サビの最後までどっちつかずな感情の末に、振り絞って出てきた言葉が「君は綺麗だ」という美しすぎる締め方。「恐れ入りました」の一言に尽きますね。

 

以上になります。

この曲がスゴいは「失恋したその瞬間を切り取った」とか「色んな人がそれぞれの気持ちで感情移入できる詞」など色々ありますが、

個人的に『Pretender』が画期的だと感じたのは「アップテンポな曲で使われる歌詞のテクニックを失恋ソングで使うことで、主人公の諦めきれない気持ちを表しつつ、何度聞いても重く感じない軽さを演出している」という点でした。

 

冒頭でも書いたけど、普段聞きできる、何回聞いても重たく感じないバラードというのは一曲が長くヒットし続けるサブスクの特徴と相性バッチリで、正に「ストリーミングに最適なバラード」になっている。

ヒゲダンは曲調が好みで聞いていたけど、歌詞でこんなに心を掴まれたのは初めてだった。

関ジャムの2019年の年間ベストで、絶対いしわたり淳治先生がチョイスするでしょう(断言)

 

良いバラードが作れるバンドは貴重だし、武道館ライブもやって、次の新曲は熱闘甲子園のタイアップで、信頼と実績の蔦谷好位置さんプロデュースときてるから、このままこのままバカ売れして欲しいな~

natalie.mu

 

 

それでは

カップリング曲ライブという名のUNISONファン感謝祭

2か月越しのライブレポ。

いってきました、UNISON SQUARE GARDEN結成15周年企画の一環でFC会員限定のカップリング曲ライブ「Bee Side Sea Side 0」 に!!

個人的に新木場でUNISON見るのは2015年のD.Aツアー以来という。

年初のMODE MOOD MODEのアンコールは行かなかったので年末のSCOOBIE DOとの2マン以来のUNISON。

 

いやー本当に「万感の思い」の一言に尽きる。ほぼ全編感無量

ライブ直後の感想は以下

 

 

ライブ前に行ったカップリング曲レア度調査、セトリ全曲予想、カップリング曲への思い入れはコチラにまとめてます。

bumpofchokin.hatenablog.com

 

 

セトリ答え合わせです。 


01 over driver

02 RUNNERS HIGH reprise

03 スノウリバース

MC

04 5分後のスターダスト 

05 空の飛び方

06 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

07 ラディアルナイトチェイサー

08 一人思うは雨の中

09 たらればわたがし

MC

10 きみはいい子

11 僕は君になりたい

12 ここで会ったがけもの道

13 ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~

14 東京シナリオ

 

15 さよならサマータイムマシン

16 UNOストーリー

17 ガリレオのショーケース

18 Micro Paradiso!

 

アンコール

19 プログラムcontinued(15th)

20 サンタクロースは渋滞中

21 セク×カラ×シソンズール

 

字面だけで興奮しますね笑、基本的に昔の曲だけ触れます。 

 

1曲目かー!オバドラ!!

個人的には1曲目で聞けるの2011年のBIGAMAとの2マンぶり

やっぱり年齢重ねて嚙みついてくる感じは減ったよね。

さすがにマスターボリュームには繋げないとは思ってたけど、2曲目で最近の曲来て老害的には若干の肩透かし感。

 

と思いきや3曲目でカップリング総選挙1位を出す羽振りの良さに歓喜

スノウリバースやっぱ名曲だわ~

 

今回は序盤から宏介MC

「基本的にUNISONはリリースツアー以外でカップリング曲やらないので、

今回のライブはコスパわりぃなって思いながら練習してました。」 

 

去年のツアーは本編MCナシだったから

これだけでも「今日はよくしゃべるな」と思ってしまう末期症状。

 

「並みいる強豪を抑え、堂々の第12位をやります。」

テーテレテレ ジャッジャー(ギターのイントロ)

 個人的にファンタイムぶりの5分後のスターダスト!

からの空の飛び方!!、初めて行った渋谷AXのワンマン以来に聞けたので思い出補正MAXで泣いてもうた。

 

ラディアルやるとは思ってたけど、今の好み的にジャキジャキしたロックは刺さらないな~

 

一人思うは雨の中

10年ぶりに披露、ほとんどの人が初めて聞いただろう。 

さすがにこの曲は新木場は合わなかったね笑

リキッドあたりで見たかったな~

 

 

中盤では何も触れずにアコースティックセッションが始まる。

#バンドとしても初の試み

宏介が持つはアコギ、田淵が座るはイス。椅子!

あの日本一見切れるベーシスト田淵智也が、イスに座るという歴史的瞬間に立ち会えた。

そのままMC挟んで2曲

まさかのセトリ予想で、15周年ワンマンでアコースティックセッションやって欲しい曲として挙げた「たらればわたがし」、「きみはいい子」、「僕は君になりたい」の3曲がドンピシャで当たって嬉しすぎた!!

 

アコギすら宏介ソロでしか拝めなかったのに着席スタイルの田淵まで見れるだなんて…

何も言わずにヌルっと始めてMCで「実は初めてなんです~」って言う不親切さも通常営業で良き

 

ラブソングは思ったより速いタイミングできた。

そしてUNOキター!!まさかのクライマックスに持ってくるパターン!

この使い方は予想できなかったなぁ

この曲と「さわらない歌」は本当に、頼むから定期的にやってくれよ 

 

やはりカップリングツアーというだけあって、ガリレオ締めか?

と思わせたうえでのMicro Paradiso!締めぇぇぇぇ

「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りしました」のフレーズで本編締めはシビレた。

 

そしてアンコールではなんと、プログラムcontinuedの15周年再録バージョンのPV撮影!!

 

アレンジは変えず、歌詞はところどころマイナーチェンジだったけども号泣

拝見(おがみ)発動

※拝見とは感極まった際に両手を合わせてステージを見るという症状

一番良かったのは最後のフレーズ

 

 

 撮影終わりでも演奏ミスったとかよく喋る宏介。

ひと段落したら「しゃべることは無い」というMCが炸裂

 

「もうちょっとやります」

からのサンタクロースはここでらんでもよかったべや~(老害

この前も季節外れにやったし、実はお気に入り?

 

最後はセクカラ。まぁこれくらいしか残ってないもんな

わかりやすい4つ打ちだからかな?最近の好みとは少しズレる

ただ、フロアの盛り上がりがすごくてビックリ

サビ前こんな大合唱だったっけ?

 

というわけで終了 

 

ふたを開けてみれば、マジで全曲カップリングのみ

田淵ブログによれば秋のツアーもカップリングのみ 

これは嬉しいね~今回聞けなかったアレやコレたのみますよ

ぼくは「ギャクテンサヨナラ」と「さわれない歌」が聞きたいんだ!

 

始まる前からキチガイのように期待値上がりまくって、当日それを上回るライブは久しぶりだったな(前回SCOOBIEとの2マンは期待値上がりすぎて不完全燃焼すぎたため)

なにより「久しぶりに聞く補正」の強さ、ヤバイ。

ライブ直後にもツイートしたけど、この先の人生で今回みたいな日があって、十数年ぶりに聞けた曲があったら、今回久しぶりに聞けてエモ散らかした事も思い出になって降りかかってくるんでしょう? マジでショック死するわ。 

 

ベテランアーティストのファンは冗談抜きで20年ぶりに聞けたりもあるから、ポール・マッカートニーの来日ライブの度に行きまくってた前の職場のおじさんの気持ち分かったわ。

 

そんな感じ

秋のツアーはまたセトリ予想したうえで臨みたいと思います。

その前に、15周年記念ワンマン!!! 

あとは「ぼくがかんがえたさいきょうのUNISONトリビュート」妄想企画もやるのでお楽しみに

 

 

それでは

映画「プロメア」主題歌のSuperfly「覚醒」が超高度なHIP HOPな件

この前「プロメア」見てきました。

この前の「スパイダーバース」に負けないくらいの映像美と、「ニンジャバットマン」と同じくらいのジェットコースターな展開ですごく面白かったです。

 

その中でもバトルシーンに流れるSuperflyの「覚醒」がハチャメチャにカッコよかったんですよ。みんなそうだけど、サビの呪文が頭から離れない。

 

本編で数回流れたこともあって、劇伴として強烈に耳に残ってたけど、

先日リリースされたフル音源を聞いて度肝抜かれた。

 2週間ほど聞きまっくた結果、カナリすごいことをやってるので

ここがスゴイよSuperflyの「覚醒」について書きます。

覚醒

覚醒

  • Superfly
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

映画本編ではこんな感じで使われてます。

※ネタバレになるため映画未見の人は要注意

www.youtube.com

 

そもそも、あの強烈なボーカルのSuperflyを劇伴で使う時点で攻めてる(笑)

皆さんご存知の通り、あのパワフルなボーカルがバックに流れると高確率で映画本編が曲に負けてしまう。

が、「プロメア」は相当な熱量の映画で、そこへ更なる追加トッピングとして「覚醒」がここぞというシーンで流れている。

どちらもお互いの邪魔はせず、観客をアゲまくるの見事なバランス!

 

そろそろ本題に入りますが、この曲はメチャメチャHIP HOPなんです。

そしてタイアップで流れない2番以降で好き勝手やるというより、頭から最後まで攻めまくってる。

 

HIP HOPさを感じたポイントは以下の3つです。

 曲の構成

 韻を踏んでる

 ループミュージック

 

要素としては王道だけど、これをタイアップ曲で、J-POPの人がやったのが狂ってる。

それぞれについて書いていきます。

 

前情報として、作詞/作曲はSuperfly本人で、プロデュースがアゲハスプリングスの蔦谷好位置さんになります。

詳細はナタリーのインタビュー参照

natalie.mu

 

 

まず曲構成から

インタビューにもあるように、

サビの歌詞はマントラをイメージした呪文のようなフレーズになってます。

また、Aメロ→Bメロ→サビのような展開はなく、マントラとそれ以外の部分になってます。

しかもマントラ以外の部分は毎回メロディ変わってる。

HIP HOPでは一般的にサビと呼ばれる部分をフック、フック以外をバースと呼んでいて

(なんでわざわざ言い換える必要があるかは不明)バースは割とメロディが変わります。

なので、この曲はマントラがフックで、他はバースととらえることができる。 

 

 

次に韻の話。

この曲は一般的なケツ(語尾)で踏む脚韻だけでなく、

言葉の頭で踏む頭韻(読み:とういん)もあります。

 

頭韻が見えるのは1バース目

現る黒い空

鼓動は雷鳴を繰り返す

嵐が来る前に

今宵はあの呪文を授けましょう

 

 

「あらわる」と「あらし」、「こどう」と「こよい」で

aaとooで踏んでる。

 

3バース目では脚韻

目を瞑って 風をすくって

身を溶かして 鐘を鳴らして

 

「つむって」と「すくって」、「溶かして」と「鳴らして」

uue aieで踏んでる。

 

これだけなら別に特別でもないし意図は感じないけど、

サビのマントラ部分がスゴイんです。

 

自分のこじつけもあるけど、

で色づけている部分と、太字下線部

あわせて5つの韻が、頭韻と脚韻を織り交ぜて、

かつ踏んでる場所も異なって複雑に踏んでいます。

 

ユワレ ガアイェヴァナ

アマ ディラヒ ジュマガナシャ

 

おわかりいただけただろうか。

本当に意味のない呪文だと聞き流されてしまうけど、韻を踏むことで耳に残りやすくなる。

言葉の意味がなく、音を自由に決められるマントラだからこそ、こんだけ好き勝手に踏める。

 

これだけでもサビのマントラ部分の使い方が上手すぎるけども、この曲のスゴイ さはこんなもんじゃないです。

 

 

最後のポイント、ループミュージックについて。

ループミュージックとは、あるフレーズが繰り返されている曲のことです。

 

この曲でマントラは曲中で度々繰り返されてます。

 

HIP HOPは一定のビートがループする中で

フロウ(ラップのメロディ)で緩急つけていくけど、この曲は逆なんです。

 

一定のフロウ(マントラ)がループする中で、サウンドが毎回違う景色を見せる。

 

じゃぁどんなサウンドなのかと言うと、爆音ドラムを中心にすさまじいバンドサウンドなんですよ。 

 

個人的に、ここまでの爆音ドラムとSuperflyの掛け合いバトルはFree Planet以来

www.youtube.com

 

ではどんな風にサウンドが異なっているか、

ドラムやギターが際立つけど、ピアノやコーラスだけでなく手拍子やパーカッションなど聞けば聞くほど色んな音が見つかる。

 

あと3バース目の後ろでマントラが小さい音で鳴っているという…

関ジャムで中田ヤスタカが話していた、サビのフレーズを他の部分に

潜ませることで待ってました感を煽る手法です。

 

参考:きゃりーぱみゅぱみゅ / 最&高

サビの「最&高」のメロディがAメロで鳴ってる。

www.youtube.com

 

しかも時折、最後の「ガナシャラ」と合わせて「覚醒」というフレーズが

スッと入るのもポイント。

 

これも関ジャムで中田ヤスタカが話してたけど、

同じフレーズの繰り返しの中で1つ違うポイントがあると聞き手は疑問が浮かんで耳に残るらしいです。

 

参考:Perfume / チョコレイトディスコ

最後だけ「ディスコ」のイントネーションが異なる。

www.youtube.com

 

この「覚醒」というフレーズが入ることで文字通り、瞑想から目がクワッと開いて覚醒の瞬間のような雰囲気が出る一方、テンションの違う2つのフレーズが混在して見事な違和感になるんですよね。

さらに「覚醒」と「ガナシャラ」は母音が異なるので韻を踏まなくなるので、メロディと言葉の響き両方から違和感を覚える。

 

 

そして、トドメを指されるのが曲の終わり方。

あれだけ繰り返していたマントラフレーズのメロディが劇的に変わって、後半の「アマレ」以降は歌わず、バスっと終わる。このザワザワ感よ!!

ようやく耳が慣れてきたトコへ凄まじい急旋回・急停止

 

曲を聞き終えると、またあのマントラを聞きたくなってしまい再生ボタンに手が伸びる。

ひとたびこの感覚を知ってしまったら耳から離れない悪魔のような曲です。

 

そもそも同じフレーズを曲の中で繰り返されるとしつこく感じてしまうけど、

意味のないマントラを使うことで、しつこさを少なくし、アレンジでも飽きさせない。

かつ、マントラは自分で音を決められるから複雑に韻を踏めて、何度も繰り返されるうちにリズムを覚えてしまう。

 

タイアップ先の作品からインスパイアを受けたマントラを、韻踏んだりビートにしてどんなフレーズよりも際立たせる。

物語のスパイスと楽曲のフック、どちらから見ても素晴らしい働きをしてくれるわけです!!

良い仕事してますな~~~

 

 

ちなみに蔦谷好位置さんはプロデュースだけでなくピアノも弾いてます。

ドラムの玉田豊夢さんはいきものがかり、レキシ等のサポートしてる超売れっ子、ギターの名越由貴夫さんとベースの須藤優さんは、Superfly楽曲にたびたび参加しているのでバンドとしても最強の布陣なんですよね。

 

あと気づいたのが、最近の蔦谷さんプロデュースでHIP HOPを感じる曲、どれも自分の好みすぎる。

 

ゆずの「うたエール」も

www.youtube.com

 

キック×岡村ちゃんコラボ「住所」も蔦谷さん案件

www.youtube.com

 

#余談ですが、この2曲は2018年の個人的良かった曲ベスト10に入れてます。

bumpofchokin.hatenablog.com

 

 

ちなみに「プロメア」エンディング主題歌は、椿屋四重奏のフロントマンで、現在はソロで活躍中している、艶やかな歌声と唯一無二な音楽性の中田裕二さんプロデュースです。

椿屋四重奏中田裕二には並々ならぬ愛があるので宣伝) 

 

氷に閉じこめて

氷に閉じこめて

  • Superfly
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

以下でも聞けます。 

※ネタバレになるため映画未見の人は要注意

www.youtube.com

  

下の「ただひとつの太陽」という曲は中田裕二さんの曲でも雰囲気が似ているので、「こういう感じの曲好みかも」と感じた人はぜひ聞いてみてください!!

www.youtube.com

 

 

長くなりましたがSuperflyの「覚醒」は

HIP HOP全盛の今、バンドサウンドで韻もガチガチに踏んでるのに

タイアップ曲として作品と絶妙にマッチしている計算しつくされたとてつもない名曲という話でした。

ここまで読んだ後に曲を聞けば、頭の中からマントラは離れずしばらくは「覚醒」依存症になるでしょう~

 

 

それでは

ポップコーンが出来上がる時のあの感じ フィロソフィーのダンスBandwagon vol.1で感じたフロアの熱量

毎回恒例のフィロソフィーのダンス ワンマン行ってきました!

 

今回は若手バンドメンバーによるスリーピースバンド従えた7人編成、

宮野さんが度々「この曲のベースはこの人が弾いてます」と紹介してる人がメンバーにいたので期待値も高かったけど、余裕で超えてきた。

 

今年に入って地上波に出る機会が増え、レギュラー番組まで持った、最近の調子の良さが怖いほど表れてました。健全すぎて逆に怖いほど(笑)

 

タイトルにもしましたが、メンバー、バンド、フロア全ての熱量がすごくかった。

ポップコーンを鍋とかで作ると、出来上がり時にポップコーンが蓋を押し上げてできた隙間からポコポコ吹きこぼれていくじゃないですか。

今のフィロのスは正にこんな感じ。

何かの拍子でフタが空いたら一気にこぼれていくし、何なら自分たちのポコポコでフタ取っ払っていきそうな勢い。

 

そもそも、平日のクアトロで客パンパンですよ。大きい会場でやった後で、昔ワンマンやった会場でやる時は成長と思い出が混ざり合ってすごくよく見える法則があるけど、まさにそれ。10倍界王拳までイケた後に出す5倍界王拳は、肩の力抜けてサラッと強い。

 

なかなか本編レポ始められないくらいには興奮しているけど、そろそろ始めます。

 

ライブ全体の感想は以下ツイート。

今までのバンドセットとは違って、自由度と勢いがすまるで違いました。

 

 

セトリ投下後、いつも通り良かった所(ほぼ全部)をかいつまんで個々の感想になります。 

 

01 はじめまして未来

02 ライブ・ライフ

03 ニュー・アタラクシア

04 バイタル・テンプテーション

05 ドグマティック・ドラマティック

MC

06 ジャスト・メモリー

07 パレーシア

08 熱帯夜のように

09 フリー・ユア・フェスタ

10 ロジック・ジャンプ

 

メンバー捌け~セッション~新衣装

 

11 バッド・パラダイム

12 アイム・アフター・タイム

13 ミスティック・ラバー

14 ヒューリスティック・シティ

15 イッツ・マイ・ターン

16 アイドル・フィロソフィー

17 すききらいアンチノミー

18 ダンス・ファウンダー

 

アンコール

19 ラブ・バリエーション

20 ベスト・フォー

21 ハッピー・エンディング

 

ダブルアンコール

22 DTF!

 

 

開演直前になるといつも開場SEの曲に合わせて手拍子だ起きるんだけど、この日はちょくちょく叫んでる人もいたり、「熱量はすごいけど、そんなライブ激しくないぞ??厄介そうな人いたらイヤだな~」と若干の不安とともに開演 

 

1曲目はじめまして未来

新生活の人にも向けてるともとれるし、

自分は朝の目覚ましにしているのもあって、何んだが涙が出てしまった笑

  

平成から令和になるこのタイミングで「はじめまして未来」

後で触れますが最後のMCを踏まえると次の時代への宣言になってる。

しかもSEのSptemberからの繋ぎという完璧な流れ

 

次がライブ・ライフ!もう出すのか~

あれ、やっぱり今日コールすごくない?こんな声大きかったけ?

んー先に完全再現オケ同期で流していると、かえって不完全な感じがする

 

バイタル・テンプレーション 、やはりベースがドエロい。ウネウネしまくり

 

アルバムリリース直後だからアルバム中心と思いきや、アルバム曲とそれ以外を交互で混ぜたセトリでセトリの組み方に余裕を感じる。

 

いつも通り自己紹介だけのMCさくっと、コールがやっぱりすごい笑

 

「私たちにとって大事な曲なので外せませんでした」というハルちゃんのMCからジャストメモリーズへ。いつもよりテンポ早め

これはかなり英断だったと思います。

ステラボールのアンコールでやったジャストメモリーズが圧巻過ぎたので、原曲に近い形でやると如実に比較されてしまっていたはず。

見方を変えると、大事な曲もアレンジ変えて、序盤に披露できるくらい、約2年間歌い続けて成長してきた曲だし、何より今の勢いを象徴してるようにも取れた。

 

 

からのパレーシア、熱帯夜のようにと自然にテンポを再度上げていって流れもカンペキだった。

メンバー捌けて男子校ノリなセッション、戻ってきて新衣装!!

歴代で一番アイドル っぽいというか、フリフリ感がある衣装でめちゃんこカワイイ

 

後半戦スタートということで何やるかウズウズしてたらハルちゃん「バッドパラダイム(イケボ)」 

来ました大好きな曲!!ワンコーラスでアイム・アフター・タイムへ繋ぐ

定番になったけど、何度聞いてもこの流れは好き

そして歌割が変わっている!

ちょっとビックリが大きすぎたし、ワンコーラスだったからちゃんと聞けなかったけど、こちらも代表曲を大胆アレンジ。歌割変更は、複数人で歌うアイドルならではのアレンジ方法ですね。

 

続けてミスティック・ラバーもワンコーラス、からのヒューリスティック・シティ

去年の年末から半年、ついに年号変わる直前という曲の世界観に最も近いシチュエーションで聞くことができた。

新衣装の奥津さんおとはすの絡みが妖精さんのように可憐でした。

 

そろそろクライマックスということで、個人的には初めて聞くシンプルな4つ打ちリズム、だんだん音が増えてイッツ・マイ・ターンに!!

これまで1曲目が多かったこの曲が、ついにセトリの切り方を変えた。こちらもベースがうねる。

 

ここからアイドル・フィロソフィー、すききらいアンチノミー、ダンス・ファウンダーと代表曲連続で締め。怒涛の盛り上がりなのは言わずもがな。コールもすごかったけど、そんなの吹っ飛ぶくらいここまでの流れに魅了されてガン踊りしてた。 

 

ダンス・ファウンダーは4thワンマンの時にここクアトロで1曲目として初披露、大ラス

で再演した時からとんでもない大名曲だったけど、まさかここまでアンセムになるとは思わなかったな~としみじみ

 

こちらが当時の興奮ツイート

 

 

アンコール

ラブ・バリエーションからの告知MC

6か月連続remixリリースで第一弾は「ライク・ア・ゾンビ」をヒャダインがremix!

発表するとき、ドラムロール中にフロアを煽るあんぬちゃん可愛すぎた。

 

あらためてバンドメンバー紹介。面白かったのが今回もバンマス、ほとんどの楽曲の作曲、全曲のアレンジ担当でこの日はギター兼キーボード担当の宮野弦士さんが話すターン。

 

毎回メンバーと同じくらいフロアがすごく沸くんだけど、珍しく拍手煽ってきて

「オーーーチャッチャッチャッチャ」

と、いいともでタモさんがやる締めをやって「できたー!!」と今までに見たことないくらい楽しそうだったのに、メンバーが「早く喋って〜」と塩対応でテンションのギャップがすごかった笑

 

これまで2回のワンマンは自分の親と同じくらいの凄腕ベテランミュージシャン従えての音源完全再現だったので、気合もはもちろん、緊張もしていただろうけど

今回は同世代の気心しれた人とおいう事もアリ、終始楽しそうだった。

 

メンバーが「同じクラスにいたら絶対仲良しになってそうな息の合いっぷり」と言ったら、ハルちゃんが「休み時間にカードゲームやってそう」とぶっこんできてたのも良かったw

 

今回のツアーは売り切れなかったらしいけど、それはまだ伸びしろがある証拠だ!みたいな流れから新しい時代への意気込み?も話していたけど

おとはす「令和で最初に売れるアイドルになりま〜す」
奥津さん「次の時代のアイドルを作っていきます!」

 

と、本当に頼もしいお言葉をいただいた。今の雰囲気見ていると全く背伸びや無理してる感がないところが最高

 

そんなMC終わりのベストフォーでは楽し泣きした。

終盤の楽し泣きは最近「ライブ・ライフ」に取って代わったと思ったけど、やっぱりこの曲好きだ~恒例の拝見(おがみ)発動

※拝見とは、両手を合わせて拝みながらステージを見る、特に感極まったときに起きる行動

 

そしてハッピーエンディングで大団円

 

 

と思いきや、ハッピー・エンディングのラララの合唱が起きて、まさかのダブルアンコール!!

ギターの轟音!なんと、DTF!

ついにバンドが1番映える曲キター!!!!

 最後の最後に1番ロックな曲をぶちかますとは、ウェーブも決まって今度こそ終了!

 

 

そんな感じでした。

爆発寸前とはまさにこのこと、

 

黄色とピンクのペンライトがそれぞれ見えて、1stワンマンで少しだけあった景色がここにきて復活するとは、やっぱりはすあんぬペアはアイドルとして優秀なんですね。

 

コールしたい人にも騒ぎたい人もペンライト振りたい人にも見つかったということですかね。

アンコールの自然発生的な合唱に顕著に出ていたけど、何やっても湧く。

無理に騒いでる訳でなくみんなが求めてる感じ

 

個人的には全盛期のBIGMAMA(2010~2011年)を彷彿とさせる調子の良さ 

ずっと言ってるけど、今年こそバカ売れするぞフィロソフィーのダンス!!!!

 

スリーピースのバンド編成の感想は以下の通り

  

 

個人的にはオケ音源はナシにして、バンドの音だけでいいと思いました。

アレンジも変えたりして、フルバンドセットの完全再現とは違う見せ方を追求してほしい。

さすがにギターとピアノ兼務だと曲によってはスカスカになるので、ピアノ入れて4人編成で骨太なヤツをやっていただきたい。場所はリキッドかEASTがいいかな。

 弦士メチャメチャ忙しそうだったし笑

 

あとは特筆ポイントとして、セトリの組み方が大きく変わった。

今まで枠が割と固定されていた曲の位置が変わったり、定番曲も変化があったり

何やってもウケるのは新しい曲が良いのはもちろん、今までの曲でも新しい魅力を見せてくれるのが大きい気がする。

 

そんな感じです。

ハマってから2年半くらいだけど、ジワジワと売れている感を感じながら楽しめてるアーティストは初めてで、MCでも言ってたけど令和時代はこれ以上ない活躍間違いなしなので、末長く楽しませてもらいます!

 

 

それでは

2018年10月に見たモノ聞いたモノ

中々半年のタイムラグが埋まらない月イチ良かった曲リストのコーナー、

去年の10月は引越や仕事でバタバタしてて、あまり趣味に割く時間がなかったです。

 

 

 

 SQUARE TWO / BLACKPINK

SQUARE TWO - EP

SQUARE TWO - EP

 

8月にはまり、その流れで旧譜もチェケラした。

韓国語Verの方が圧倒的にかっこいい!!

今まではそんなに気にしてなかったから、テレビで流れる「K-POPアーティストが歌う日本語歌詞」は独特のイントネーションがあって面白おかしく聞いてたけど、

いざ好きになって、オリジナル版と日本語版を聞き比べると愕然とする。ってかなんで出すの?レベルで違う。他のK-POPの人も軒並み日本語版はイマイチ。

ざっと考えた日本語版がしっくり来ない原因の仮説↓

 ・実は歌詞の内容が若い子向けで、アラサーの男には縁がない

  世界観の曲なのが分かってしまう

 ・単純に韓国語の発音を耳が新鮮と感じている

 ・日本語になると、言葉のハメ方、歌い手の不慣れさで

  歌メロのスピード感がなくなる

 

日本語版イケテナイ問題で、ほかの人の曲も聞いて比較対象があることで、

ブルピンちゃんの力強さがより感じられてますます沼に入ることになりましたとさ

 

MAKUAKE / eill

Makuake

Makuake

  • eill
  • J-Pop
  • ¥1800

 

2018年ベストはじめましてはTHREE1989さんだけど、それに次ぐ良き出会い!

きっかけはSKY-HIのremix企画で見事eillちゃんが選ばれたのを聞いて。

ちょうど初音源リリースとのことでリリイベも行きました。

 

歌も音源通りに上手いし、(発声の仕方的に難しいと思ってた)パープル寄りの赤い髪で派手髪好きにはたまらんし、丸顔で見た目もすごくタイプだった笑

この半年で少しづつ顔出しして、今はインスタライブも普通にやってる。

 

声の良さはさることながら、曲調も今の自分の嗜好にバッチリ。

バンドサウンド形態だけどHIP HOPに近い同じビートで進める感じ、本人曰くK-POPの影響もあるとか。

LUCKY TAPESやkick a showがremixにしてオシャレ音楽界隈へのアピールはバッチリ。個人的に驚いたのはfeatに韓国人ラッパー呼んでて、新世代というか、今までハマった人達とは違う雰囲気をビンビン感じてこれからがとても楽しみ!

 

 

旧譜

 

The R / RHYMESTER

The R ~ The Best of RHYMESTER 2009-2014 ~

The R ~ The Best of RHYMESTER 2009-2014 ~

  • RHYMESTER
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2100

 

2017年はダンサブルと

何か知るきっかけがあった曲(ダンジョンからB-BOYイムズ、SKY-HIからロイヤル・ストレート・フラッシュなど)を中心で聞いてたけど、ふと他の曲も聞いてみようと今更ながら旧譜を色々あさってみました。

その際に「とりあえず最初はコレかな」という枠でやっぱりベスト盤ってメチャメチャ役に立ちました。

 

1番ハマったのは「K.U.F.U.」

www.utamap.com

 

ヴァースの頭から最高、

 KとUとFとU 割とフツーに言うと「工夫」と言う

uの連続の口ずさんだ時の口の気持ちよさと、「何かの略かな?」と思ったらしょうもなさすぎる表記の変え方(ラッパーは割と名前のスペル言いたがるからその延長戦だと思うけど)

 

論理積みまくる宇多丸と、いぶし銀なMummy-Dと、それに対抗して??ウサギとカメの童話を持ってくる宇多丸の引き出しよ笑

 

歌詞として載ってないんだけれども、

最後のフレーズは掛け軸にしてかざっておきたいくらい響く。

 持ってるヤツに持ってないヤツがたまには勝つ唯一の秘訣 それは工夫

 

文系オタクがすんなり聞けるHIP HOPはRHYMESTERくらいではないかと。

サビで曲のテーマ宣言して、ヴァースで各々が自分なりの解釈でラップするスタイルが多いんですが、それがすごく新鮮。

特定の言葉や状況に新しい視点を持たせてくれたり、なんとなく感じていた気持ちに名前を付けてくれたり、言えなかった事を言ってくれたり、とにかく聞いていて小さなアハ体験がポンポン発生するのが気持ちいい。

 

今までラップは、いかに韻を踏んでいるのかに注目そて聞いていたけど、RHYMESTERは特に「頭で聞いている」というか。HIP HOP以外含めて他のアーティスト聞いてる時とは異なる頭を使ってる感覚がある。

このへんはちゃんと言語化して別記事にしたいですね。

 

 

そんな感じです。歴代最小の文字数だけど、たまにはこういうのもアリだよね笑?

 

 

それでは

2018年9月に見たモノ聞いたモノ

月イチのレギュラー企画のはずがすっかりご無沙汰に…(何度目)

半年以上前になってしまったけど、ここから怒涛の更新みせます!

 

目次はコチラ

 

 

新譜

住所 feat 岡村靖幸 / KICK THE CAN CREW

www.youtube.com

 

定番になりつつある、好き×好き=最高な案件。しかも信頼と実績の蔦谷好位置プロデュースという盤石すぎる体制。 ゆずの「うたエール」といい、今回といいトラックメイカーとしての蔦谷さんもすごいタイプかもしれない。

 歌詞が実はとんでもなく奥深いとのこと!このブログ読んだ時は鳥肌たった。

www.fumu.in

  

DDU DU DDU DU / BLACKPINK

www.youtube.com

 

SQUARE TWO - EP

SQUARE TWO - EP

 

ついにK-POPどハマリきた。いくつか聞いたけど格好良さパラメータ振り切ってる。

PVに出てくる、銀のラメでデコった戦車なんて頭狂ってるだろ。意味わかんねーよ笑

こういうカッコいい女性グループは「ガールズクラッシュ」っていうらしい!

若い子も憧れますわ、そんなに数聞いてないけど強さアピールしてるのはこの人たちだけだもん

 

じゃぱみゅ / きゃりーぱみゅぱみゅ

Japamyu

Japamyu

 

割とよかった。前作が好きでなかったし、間も空いた分期待値低かったのもあるけど、シンプルにヤスタカGODいい仕事なさってる!

始めの何周くらいはPerfumeの「Future Pop」よりアルバムとして良い流れなのでは?とか思うくらいに(Perfumeさんはスルメ度が違いました)

 

きゃりーちゃんとヤスタカの対談形式の全曲解説も良きっす。

realsound.jp

 

キズナミとか、この曲を聞いてすごく励まされる人がいるんだと思うとすごくグッとくる。実在するか分からないけどね。

 

西野カナは恋愛重視な女の子が年取って華金を楽しみに待つみたいな昔でいうドリカム聞いてるような、カースト真ん中っぽい女の子向けの曲を書いているのに対し、

きゃりーちゃんは個性派ガールがまだ完全に抜けきれなくて社会に出て「少し変わった女の子」というイメージを持たれがちな女の子への曲を書いているように思った。先行シングルの「きみのみかた」のイメージに引っ張られてるとこもあるけど

 

相手が変わるだけで、リスナーと一緒に年を取ってその時々に寄り添う曲を書いてくれているなんて同じ時代に生まれてくれたことに感謝だよ!!

 

キズナ」と最近流行ってる「~み」でキズナミというタイトルもニクいね~

個人的には上で書いたような印象だったから「傷が波のように押しては引いてくるけど頑張っていこうね」の略で「傷波」と思ってた笑

 

キズナミはもちろん、ヤスタカソロアルバムのchelmico鈴木真海子さんfeat曲も、4つ打ち曲なのに裏拍でリズムをとりたくなるってのがすごく気持ちいい。

  

平日ナイトフィーバー feat.日向ハル / 絶対忘れるな

www.youtube.com

くっっっっそよくないですか??

軽い気持ちでハルちゃんfeatじゃーんなんて聞いたらビックリ

 

曲作った人の思いやこだわりは以下ツイートのスレッド参照

 

とにもかくにもツボ過ぎるので、ちょっと細かく好きポイントを書くと、

まずイントロのホーンが最高、始まってから段々音数が増えて少しずつ気持ちが高まっていく

そしてハルちゃん歌い出した瞬間からほとばしるメジャー感!

 

Bメロはサッカーの応援的なノリらしいけど、ホーン隊大好きなのとHIP HOPが最近アツい自分には

 いつか死ぬと分かっていても

    暮らしにかまけて忘れているな

のフレーズに釘付けで全く気づかなかった笑 サッカーの応援なんて馴染みないしね~

 

そしてサビ!!!ゴリゴリのゴリかましてんな~~ここまでで2分経ってて待ちに待ってる期待値MAXな状態でぶち込まれる120点の圧倒的な多幸感よ

 

からの2番はドラムのみに、全編通してメチャメチャ転調してる。

フィロソフィーのダンスの曲名やフレーズのサンプリングに始まり自分たちの過去曲の引用という、

フィロのス好きで来たご新規さんに対するサービスからの既存曲への導線を繋ぐという非常にあざとい展開!これは高いいですね(フィギュアスケートの解説風に)!!

 

そのあとは

    嫌いなものが多いよりは

    好きなものが多い方がいいに

    決まってるって言って思ってる

というパンチラインさらっと入れて、また怪獣のように段々大きくなる日向ハルのボーカル笑 落ちサビでまたも焦らしてフィニッシュ!

湯会とかDJイベントで流れたら爆上がり間違いなし!!

 

旧譜

COOL MUSIC / GOLLBETTY

www.youtube.com

 

ぼくの音楽人生でとても大きな影響を受けたけど解散してしまったバンドの1つ。ガールズスカを代表するバンドGOLLBETTYのメジャーデビュー曲です。人生狂わされた曲ベスト5だね。

メンバーがお世話になった人の10周忌でフルメンバーではないものの、9年ぶりに1日限りの復活ライブを名古屋でやりました。当日参加はしなかったけど、曲は聞くわけで、とにかくまぁエモエモのエモなワケですよ。

自分のホーン隊大好き芸人の原点はガールズスカでして。いろんな事情でサブスクにはあまり配信されてない曲が多いのでいつか特集記事書こう。

 

 トワ / 椿屋四重奏

 

GOLLBETTY聞いてエモ散らかして、もうひと散らかしで、こんなに好きになるバンドもいるかってくらい大好きだけど解散した椿屋四重奏も聞き漁ってました。

 サブスク改めて見たらシングルカップリングも配信されてて、まさかのライブ音源もあったんだけど、これが本当にもう最&高でございまして。

 

ロックバンドがホールでピアノ弾き語りして、こんなに合うってありますかねぇ!!??少なくとも今の邦ロック界隈にはいねぇだろうなぁチクショー!!(ロキノン厨の叫び)

 バンドとして全盛期で、自分の中でも好きのピーク時に解散して、キレイな思い出のまま冷凍保存状態なので歳重ねるごとに神格化していっている。

 

 こんな感じでした。ここに挙げた曲は2018年ベストの楽曲部門、アルバム部門に多数入ってます。順番が完全に逆転してしまったけど、こちらもぜひ 

bumpofchokin.hatenablog.com

 

そんな感じ! 半年分駆け足でいきます!!

 

それでは

UNISONカップリング曲ライブ「Beeside Seaside 0」セットリスト予想

UNISON SQUARE GARDENの15周年記念の一環としてカップリングベスト発売、それに先駆け4/24・25に「Beeside Seaside 0」が新木場STUDIO COASTで開催されます!

 

前回、UNISONのライブでカップリング曲をやる機会がどれだけ少ないかを調べた記事をアップしました。これを踏まえたうえで、今回はセトリを全曲予想してみます。

bumpofchokin.hatenablog.com

 

セトリ全曲予想という物好き企画は2回目になります。2018年のMODE MOOD MODE ツアーの時、ブログ始めたばかりの企画としてセットリスト予想をやったところ、ライブに「答え合わせ」という要素が加わっていつも以上に楽しめたので、今回もやることにしました!!

 

MODE MOOD MODE ツアーのセトリ予想と答合わせライブレポはこちら

bumpofchokin.hatenablog.com

 

というわけで今回は古参や老害の大歓喜すること間違いなしのカップリング曲ライブ

セトリ予想、こんな感じ!

 

01 UNOストーリー

02 空の飛び方

03 シャンデリア・ワルツ

04 スノウリバース

05 リトルタイムスリップ

06 ラディアルナイトチェイサー

07 オリオンをなぞる

08 I wanna believe、夜を行く

09 over driver

10 ギャクテンサヨナラ

11 スノウループ

12 五分後のスターダスト

13 シュガーソングとビターステップ

14 ガリレオのショーケース

15 誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

 

アンコール

16 さわれない歌

17 Micro Paradiso!

18 ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~

 

大前提として、2日間セトリは固定でお願いします。こんなまたとない機会で「あっちの日しか聞けませんよ~」なんて喰らったら立ち直れない…

定番曲は個人的に不要だけど、過去2回のFCライブでも演奏されてるので3曲だけ入れました。過去のFCライブでやった曲は個人的にどうしても聞きたい曲以外は外してます。ここは完全に好み笑

 

「リリースツアー以外は1曲目ボーカル始まり曲が多い」の法則に倣いつつ、個人的には「UNISONをなぞる」以来でこの曲が聞きたい!!!!完全に好みと思い入れなチョイスだけど絶対やって欲しいので、『UNOストーリー』1曲目にしました。

 

最初のFCライブでやったけど、外れていけなかったんだよぉぉぉぉぉ からの『空の飛び方』のイントロで「ようこそっ」聞けたら思い残すことはない。

もしくは『シャンデリア・ワルツ』終わりで「UNISON SQUARE GARDENです」あいさつといった序盤

 

最近のカップリングはバラードも多いので、2曲ずつ2ブロックに分散。昔のと最近の1曲ずつ聞きたいのをチョイス。

 

リリース当初からライブでやらないと明言していた『I wanna believe、夜を行く』は今回唯一の例外としてやってほしい…どうせ次ないんだから、せっかくだし『オリオンをなぞる』とタイバニ曲と連続で聞きたい。

 

『over driver』からの『マスターボリューム』も久々に聞きたいけど、これもせっかくの機会なので今回逃したら絶対見れない『ギャクテンサヨナラ』と連続でオナシャス!!!!

本編締めは『ガリレオ』一択!!と思ったけど直近のツアーで本編締めなので001に変更。アップテンポな曲をラストスパートに固めてみた。

 

アンコールは『さわれない歌』から、現実は他のバラードやりそうだけど、メチャメチャ好きな曲なので希望も込めて入れてます。

 

『Micro Paradiso!』は「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りしました。」の一言で締めて欲しいからアンコール最後に

と、思わせといて、「オマケッ!!」枠に『ラブソングは突然に』で最後にドカーンと派手に締めて欲しい、うーん、我ながらカンペキな流れ!!!

 

ちなみに、インディーズ期のミニアルバム2枚は秋以降に行われるカップリング曲ツアー本編に含まれると予想。 Beeside Seaside 0と銘打つだけあって、秋冬にはきちんとツアーで回ってくれるはずだよね!?

 

今回聞けなかったアコギを使う曲(きみはいいこ たらればわたがし 僕は君になりたい)は、いつか行われるアコースティックセッション(宏介・田淵ともに着席)までのお楽しみに。その時は22曲くらいで枠が増えて今回漏れた曲も入れていくかな!

 

という感じです。どれだけ練ってもセットリストおじさん田淵には敵わないけど、こうやって色々こじつけて考えるのは楽しい。答え合わせとライブレポは5月のGW明け更新を目標にします。

 

===2019/07追記===

答え合わせのライブレポです。こちらもよろしければ

bumpofchokin.hatenablog.com

 

それでは

「あいみょんさん」なんて恐れ多い、「あいみょん先生」と呼ばせていただきます

年末の紅白歌合戦、年始の石原さとみ音楽バラエティ番組をきっかけにあいみょん先生にドハマりしてます。

関ジャムで特集組まれたり、色んな所で語り尽くされている感はありますが、あいみょん先生を大絶賛していきます。

 

なお、タイトルにもしていますが受けた衝撃が大きすぎて、さん付けでは敬意が足りないので本記事では全編あいみょん先生でお送りいたします。

恥ずかしながら、関ジャムで1度聞いた以外ではJK流行語対象に受賞でしか知らず「若い人が好きらしい」くらいのイメージでしかなかった。

 

2月に発売した瞬間的シックスセンス、月並みですが大名盤です。

 

サブスク各サイトランキングが、あいみょんとワンオクで埋め尽くされた2019年2月、これLINE MUSICだけでなく「どのサブスクでも起こっている事象」というのが個人的にはすごいと思っていて。

フェスの客層みたいにサブスクも各サイトで微妙に違うので、どこ見てもランキング上位を占めるっての異常ではないかと

 

ハマってから色んなブログなど読んだけど、あいみょん先生の魅力を感じている点が人によってカナリ異なるので、自分なりにまとめてみました。

自分なりに感じた彼女の売れたポイントは以下の3点かと

 ちょっとだけ異物が入ってる王道な楽曲

 両性的なボーカル

 洞察力の高い歌詞

 

まず1つ目、ちょっとだけ異物が入ってる王道な楽曲

彼女の曲はなんといっても「良くできてる」の一言に尽きる。

王道と表現したけど本当にど真ん中の良い曲。何より歌メロが良い。歌いたくなる通り越して「歌い出さずにはいられない」メロディだと思います。

 

ここ数年は特にロックバンド界隈ではフェスでの盛り上がり至上主義の影響を受けてフレーズを繰返したり、インパクト重視の歌詞が増えておりまして。

そんな中、奇をてらわず歌として強い曲が、圧倒的なボーカル(歌もすげーうまい)に乗って歌われたらイチコロですよ。

 

なんだけど、これだけではないのが、あいみょん先生が先生たるポイント!王道なんだけど、そこにわずかな異物が混入しているんですよね。歌詞はもちろんなんだけど、ここではサウンドについて話ます。

 

まずは紅白でも歌った代表曲でもある「マリーゴールド」も、イントロの最初に出ている「プァァァ~ファーー」といった風をイメージしたような音が終始鳴っている。

www.youtube.com

 

ガッキー主演ドラマのタイアップ曲で認知度がさらに上がるきっかけになった「今夜このまま」

www.youtube.com

よくよく聞くと2番から不規則なリズムになって手拍子が入ってイマドキな感じが出る。タイアップで流れない2番で、ここぞとばかりに好き勝手やる曲大好きマンなので尚更ツボなんですよ。

 

「満月の夜は」や「愛を伝えたいだとか」もだけど、HIP HOPの寄りな一定リズムのループが気持ちいい。この辺はどこがルーツなんだろ。

www.youtube.com

 

最新曲の「ハルノヒ」は終始王道な展開なのに、全編で鳴っているピロピロが間奏でグッとボリュームが大きくなってる。このピロピロは光が差し込んでくるようなイメージ

www.youtube.com

 

こうやってPVリンク並べると改めてメロディがいいな!

王道なだけではない、この「ちょっとした異物感」があるからこそ、曲がダレず、強く耳に残り、何度聞いても飽きずまた聞きたくなるトリックが仕込まれているんじゃないかと思います。

 

ちなみに、シングル曲のアレンジはかなりの割合でアゲハスプリングスの田中ユウスケさんが担当されてます。

いきものががり、YUKI元気ロケッツポルノグラフィティなどの多くの曲をプロデュースしている、トップクラスの信頼と実績を持つ人です。

田中ユウスケ Profile | agehasprings - onetrap

 

一方、あいみょん先生のヒリヒリした面はorigami PRODUCTIONSの関口シンゴさんプロデュースの影響も大きいかも。この前のアルバムでも4曲、他はカップリングも担当している。

shingosekiguchi.com

 

次に2つ目は両性的なボーカル

こんな絶賛ブログ書いてるけど「女性ボーカルは可愛くてナンボ」という自分の固定観念があって、最初は声の低さから女性ボーカルとして引っかからなかった。

 

けど「低い声もだせる女性ボーカル」ではなく、「クリープハイプとかUNISONみたいにメッチャ高い声が出る男性ボーカルのような女性ボーカル」と考えた瞬間にメチャメチャうまいボーカルになった。

 

本人が正月の音楽番組で自分の声のことを便利な声と言っていて、それはきっと高すぎず低すぎない点からと解釈してます。「自分のこと分かってんな~上手い!!」と思わず唸ってしまった。

自分が感じていた魅力をご本人様自ら、カンペキなキャッチコピー仕立て上げてくれた。

 

そして最後の洞察力の高い歌詞

声だけでなく、歌詞にも女性的な感性と男性的な感性どちらも持っているのが感じ取れる。メンヘラ全開な曲もあるし、ルーツにエレカシ浜田省吾を挙げてたり、それらを曲ごとに使い分けてる。

 

そして、あいみょん先生の曲に出てくる主人公はメンヘラだったり、童貞だったり、色んなキャラがいるけど、どれも描写がとても細かい。

 

自分が知るきっかけになった「君はロックを聴かない」を基に話します。

 

関ジャムのでいしわたり淳治先生2017ベストで「君はロックを聴かない」を挙げてて、紹介コメントを載せた放送直後のツイートがコチラ

 

推薦コメントにもあるように「君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて」の1フレーズの説明力の高さが凄まじい。

 

君と僕のキャラ、関係性、何より僕の気持ちが一瞬で理解できる。なにより、ロキノン厨として青春時代を過ごしてきた自分には、このシーンは心の奥底までぶっ刺さる。

www.youtube.com

  

個人的に同じくらいドンズバで好きな「GOOD NIGHT BABY」なんて初恋の極み童貞でしょう!!

www.youtube.com

 

 さよならの後に 会いたくなるようにキスは我慢しておこう

 「グッドなナイトにしなよ ベイベー」

 

甘酸っぺぇぇぇぇぇ いい…スゴくいい。キザなセリフまで言ったくせに、直後のサビで速攻さみしがってる。好きな人の後ろ姿だけで、満足なんだよな~

 

インタビューで「ショートケーキのイチゴを最後まで残しておく感覚」と言っていたけど、これまた言い得て妙すぎる。

 

この「ふとした時に思う、こんなこと考えるのは自分だけかもな~」と心の中でセルフツッコミをしてしまうような気持ち、シチュエーションを親切丁寧に切り取って歌詞になさっている。

 

いしわたり淳治先生も言ってたけど「シンガーソングライターは自分の話になりがちだけど、きちんとフィクションを描けている」んですよね。 

 

中田ヤスタカ水野良樹つんく♂など、女子より女心を理解している通称可愛いの裏側おじさんは数いれど、童貞の気持ちをここまで理解する女性シンガーがいただろうか。いや、ない。(断言) 

 

 

というわけでちょっとだけ異物が入ってる王道な楽曲・両性的なボーカル・洞察力の高い歌詞 以上の3つが個人的に思う、あいみょん先生がバカ売れした理由になります。

そりゃ売れますわなっていうね。全パロメータが強くて隙がないんだもの。

 

王道とコア、女性と男性どっちも行けるってことは、年齢以外の全属性を相手にできるってことだからね。以下はいしわたり淳治先生が関ジャム収録後に書いたコラムです。

www.asahi.com

やっぱりポップな曲と尖った曲どちらも書けるバランス感覚の良さに触れてる。

 

収録の途中からmabanuaいしわたり淳治の二人のプロデューサー(ロジックで音楽を作る人)が顔ひきつっていたのがテレビ越しでもビリビリ伝わってきたもん。あまりに感覚が独特でスゴいんだな~

 

ドラマや映画のタイアップも増えてるしひょっとしたら、いきものがかり星野源に続く全世代向けのタイアップ曲を持つ稀有なアーティストになるかもしれない。

個人的に星野源三浦大知は感覚はもちろんだけど、ロジックや努力が尋常じゃないくらいあるのに対して、

少なくとも現時点であいみょん先生からはそういったモノを感じない。こういう人が天才なのかと思う。

どうにかして今年どこかでライブが見たい!!

そんな感じで、あいみょん先生の末永いご活躍を祈って締めたいと思います。

 

 

それでは